*

大阪・谷町4丁目に島珈琲のコーヒー豆が飲めるカフェができます!

公開日: : 社会貢献部

さてさて今回の記事は、島珈琲社会貢献部のお話。

 

僕が取り組んでいる障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクトの一環、にはなりませんが、単純にカフェをオープンしたいのでいろいろお話を聞かせて欲しい、というご相談がありまして、昨晩カフェをオープンする担当の方とスタッフの方で、僕なりのカフェについてのお話をさせてもらいました。

 

ブログに書いていいのか、ご相談していないので、もしかしたらこの記事お蔵入りになるかもしれませんが、ご相談主は大阪知的障害者雇用促進建物サービス事業協同組合様で愛称はエル・チャレンジと呼ばれており、僕たちはエルチャレンジさんと呼んでいます。

 

そのエルチャレンジさんが今度、カフェをオープンされるということで、以前に一度一緒にお話をしたご縁から、わざわざ島珈琲にご相談に来てくださいました、感謝。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

僕の経験からいろいろお話をさせてもらいました

オープンは近いうちに予定されているようです。
お昼はカフェ、夜はバーという業務形態で、障がいを持った方がそこでお仕事をされます。

 

障がいを持った方が働く、これが売りではありません。
あくまでもそこはアピールするつもりはありませんとのことで、それは僕もそう思いますと、考え方やお話がすごく合うのでとても楽しかったです。

 

そこで障がい者支援施設とコラボしている、カフェBeの経験と15年積んできたお商売の経験とをあわせて、こんな感じはいかがでしょうか、というお話を約2時間、笑いありでお話しました。

 

コーヒーマシンの導入の是非や、ランチメニューの考え方など、お店の形態に合わせてご提案をしました。

 

カフェオープンのご相談とかも、たまにしてますので、相談したい方はメールなどでご連絡くださいね。

 

立地はかなり良いとのことです。
島珈琲のコーヒー豆も使ってくださる、ということなので、お店が繁盛してここで働く方が働く喜びとか楽しさなんかをつかめるように、僕の愛情込めたコーヒー豆がお役に立てるよう、本気だしますよ!(いつでも本気ですけどね 笑)

 

場所は

大阪・谷町4丁目、オフィス街ですね。
こうしたお仕事を頂けることに誇りを持ちます。

 

お店が繁盛するように、出来るだけのアドバイスをしたいと僕、意気込んでいます。

 

自分がしたいことを間接的にお手伝いができるって、嬉しいですね。
カフェはもうしばらく準備をかけるということで、先にバーの方がオープンすると聞いております。

 

バーでもコーヒーが飲めるように、と考えているとのことで、バーでめっちゃ美味しいコーヒーが飲めるってもなんだか格好いいシチュエーションですよね、ほんとに楽しみです。

 

働くスタッフさんは、緊張していると思いますが、後方支援できるように僕も協力しますよ-!

 

どんなお店になるか、楽しみですね。
またオープンが近くなれば、こちらでお知らせさせて頂きます。

 

お待ちくださいね!ワクワクですわ!

 

僕の初めてコーヒー本 発売になりました!
「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」

 

 

 

アマゾンより購入できます。
こちらからですどうぞ。

 

「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」の購入ページにGO!

 

いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

昨日は社会貢献部

高槻店閉店後 チャリンコでカフェBeにいってレジ閉めをしてその後 またチャリンコこいで富田にある障が

記事を読む

3/14(土)は特に予定ないな~ そうだ!コンサートに行こう!

本日のブログはお知らせです。 島珈琲が委託でお受けしているカフェ、高槻郡家本町にある 障がい者支援

記事を読む

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

コーヒーをドリップするときに大切な1つのこと

プロローグ     テクニックって練習すれば上手くなります

記事を読む

カフェBeに在駐中した3年間の僕の思い

プロローグ 島珈琲は岡町本店で2002年に産声を上げ、2009年にカフェBeのオープン、2012年

記事を読む

カフェのご依頼がくるかも!

カフェBeのように障がいを持った方が 働くためのお店を作りたいそれも大手企業さんが運営される予定で話

記事を読む

ソース会議

 日本人がポリフェノールを含む飲料を一番飲んでいるのは何かご存じでしょうか?ポリフェノール

記事を読む

花の40代まで もうちょい

昔むかしのことじゃった うちの母が職場で 占いをした結果を書いた紙を持って 帰ってきた 20数年前の

記事を読む

Lavoro 会議 島珈琲社会貢献部がゆく

さて 昨日の放課後活動は夜の11時過ぎまで会議  島珈琲社会貢献部の活動 障がい福祉において  障が

記事を読む

no image

ソースの名前を考える

 はる遊食堂さんがオリジナルのフライ専門のソースを作られ量産し一般に販売をされる計画をすす

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に

→もっと見る

PAGE TOP ↑