*

セレブなページ

公開日: : 感謝!!

 

ブログ  高槻を愛するセレブなページ
http://blog.zaq.ne.jp/celeb/
2012年10月4日の記事に紹介してくださったみたいで
いやぁ~嬉しいです!
そうして口コミをして頂けるお店であること
スタッフ共々誇りをもって仕事に臨みたいです
さて 日曜日に折込み求人紙をいれてもらいまして
カフェBeのパートさんアルバイトさんの募集をしましたところ
お電話がたくさんたくさんありました
昨日今日から面接をはじめ 今のところ明日がいちばん多く
10数件の応募がありました
まったく応募がなかったらどうしよう と内心ビビってましたが
採用不採用のお電話がつらくなるなるくらいの
応募を頂いて感謝です
来てくれた方みんなよい方で採用したい気持ちでいっぱいですが
最大でも2名の採用になりますので 
不採用になっても恨まないでね
さぁ面接がんばるぞー
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

恋の終わり・・・

 恋の終わりは君をもっときれいにする 今よりもっときれいな想い出になる めくる季節に消える

記事を読む

no image

111

 昨日のコンサートは 111名のお客様と笑顔を共有することができました! 一人一人お礼を言

記事を読む

有終の美

 今日で本年度のカフェbeの営業は終了致しました 少しずつコーヒー豆のお客様も増え カフェ

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

no image

さて 行きまっか!

 今年 一発目の日記であります 皆様 あけましておめでとうございます 今年ものってるかーい

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

サービスマン

 僕は高校を卒業してすぐ 中国料理店でホールの仕事に就職したので 「サービス」には たぶん

記事を読む

no image

素晴らしいコメント頂きました

 今日は岡町に献血車が来ていたので 「風邪ひいてるけど できまっか?」 とドクターさんに聞

記事を読む

no image

しゃべくり

 普段 無口な僕ですが(他人がどう言おうが自分ではそう思っている) 今日のコーヒー教室では

記事を読む

ポテンシャル

 自分のポテンシャルはいったいどれくらいあるのだろうか? ある意味 今回でいろんなことが試

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑