*

story

公開日: : 感謝!!

 昨日 カフェBeのコンサートは御陰様で 大盛況を頂き終演しました
ご来店頂きましたお客様 ならびに演奏者の皆様 
当日の運営にご協力頂きましたスタッフの皆様 
ほんとうにありがとうございました
アコースティックギターのデュオの演奏が30分
ゴスペルの演奏が30分 
1部1時間 充実した内容の濃い時間を
お客様に楽しんでもらいました 無事に終りほっとしております
各演奏者とも1部2部の曲目は違ったのですが
1部の後半 ゴスペルグループの方がアカペラでstoryを
歌いだしてから間もなくのこと
あるお客様が目を赤くし 止めどあふれる涙を
何度も何度もハンカチでぬぐう姿がキッチンにいる
僕の目にとまる
何を思い 何を思い起こし 泣いているのかわからないが
その曲を聴くと 心に沈殿していたなにかがこみ上げ
涙を流さずにいられなかったのだろう
その光景になぜだか僕ももらい泣きしそうになった
と同時にその方の泣いている姿がすごく綺麗にみえました
コンサートは笑顔で楽しいものと固定観念を抱いていた僕に
音楽の素晴らしさと音楽の力に 改めて感心させられた一幕だった
素晴らしいコンサートになったこと たくさんの方に感謝したいです
誰かのstoryの一ページになるような
そんなコンサートをこれからも続けていけたらと切に思いました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

野村監督

 5月に楽天イーグルス前監督 野村さんの講演会が高槻現代劇場であることを  施設利用者のM

記事を読む

類は友を呼ぶ

 今日は見山の郷さんに出向き 原田店長とお会いしてきました 4月に行われるイベント 「第2

記事を読む

ソーシャルネットワークの力って すごいね

朝が早く 夜も帰るのが最近 遅くなっています ですから 起きてる娘に会えてません! 寂しー 悲し

記事を読む

何が一番しんどいっかって

  たぶん 続けていくこと だと思う 島珈琲はおかげ様で来年3月で10周年というアニバーサ

記事を読む

島珈琲のやぼー

  野暮ではなく 野望である 今回 アイデムさんに募集広告をのせ  ほんとにたくさんのご応

記事を読む

恋するビジネス

プロローグ 先日、高槻土室にあるケーキ屋さん パティシエ・コータローさんへ嫁さんのバースデーケーキ

記事を読む

素晴らしき アイルランドの風

 今日は アイルランド音楽演奏家 守安 功さん 雅子さんの 「アイルランドの風」のコンサー

記事を読む

有終の美

 今日で本年度のカフェbeの営業は終了致しました 少しずつコーヒー豆のお客様も増え カフェ

記事を読む

no image

明日は

 明日は催しなどいろんな事が重なり 多忙な一日となりそうです 3月は御陰様でたいへん忙しく

記事を読む

好きと決めた明日があればいい

今朝は自転車をこいでいると 半袖を着てきた自分は 間違えではないだろうか? と思うくらい涼しく 一気

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ドリップコーヒーについて 知りたいこと

僕 島規之が、コーヒー基礎講座の講師を務めることになりました。 久しぶ

通販 店頭 税込表示に変更します!

昨晩は帰宅すると、娘が玄関までお出迎え。 元気な声で、おかえりーと。

ブレンド桜ふぶき ネット販売開始です!

昨日はお休み。 家族で伊丹にあるプラネタリウムへ行き、その近所にある伊

1回の焙煎時間はどれくらい?

岡町本店では、営業時間内でも焙煎をしていることが多々あります。 岡町本

開業17年 コーヒーの価格の流れ

島珈琲が開業したのは2002年3月29日。 次の3月で開業18周年とな

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑