*

story

公開日: : 感謝!!

 昨日 カフェBeのコンサートは御陰様で 大盛況を頂き終演しました
ご来店頂きましたお客様 ならびに演奏者の皆様 
当日の運営にご協力頂きましたスタッフの皆様 
ほんとうにありがとうございました
アコースティックギターのデュオの演奏が30分
ゴスペルの演奏が30分 
1部1時間 充実した内容の濃い時間を
お客様に楽しんでもらいました 無事に終りほっとしております
各演奏者とも1部2部の曲目は違ったのですが
1部の後半 ゴスペルグループの方がアカペラでstoryを
歌いだしてから間もなくのこと
あるお客様が目を赤くし 止めどあふれる涙を
何度も何度もハンカチでぬぐう姿がキッチンにいる
僕の目にとまる
何を思い 何を思い起こし 泣いているのかわからないが
その曲を聴くと 心に沈殿していたなにかがこみ上げ
涙を流さずにいられなかったのだろう
その光景になぜだか僕ももらい泣きしそうになった
と同時にその方の泣いている姿がすごく綺麗にみえました
コンサートは笑顔で楽しいものと固定観念を抱いていた僕に
音楽の素晴らしさと音楽の力に 改めて感心させられた一幕だった
素晴らしいコンサートになったこと たくさんの方に感謝したいです
誰かのstoryの一ページになるような
そんなコンサートをこれからも続けていけたらと切に思いました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

はたらく場所

ここのところ ほんとにありがたいお話で お客様から 「こちらで働けないでしょうか?募集とかされていま

記事を読む

キーワードは「幸せに」

プロローグ 今日も心の部分を触れて 記事を書いていこうと思います 昔から自分を見つめて 

記事を読む

no image

しまの恩返し

岡町本店は 日曜日だけの営業です 週1回の営業で家賃とか大丈夫? もったいなくない? と聞かれること

記事を読む

説得か納得か 買い物をしてもらうのにどっちが大事?

過去の経験から言うと、6月はどちらかというと閑散月なのですが、今年はお客さんの流れがありバタバタして

記事を読む

嫁のひとこと

朝が寒い 手荒れがひどくなるので 朝 顔を洗うとき お風呂に入るとき以外はお湯を使わない 外の

記事を読む

人は悲しかったことや つらいことの方が記憶している

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   最近まで娘が風邪をひいて

記事を読む

no image

今日のコーヒー教室は?

 13時半から4名様で開催しました 教室というより和気藹々のサークルみたいな感じで 皆さん

記事を読む

no image

むちむち

 花と野菜とコーヒー 来月のイベントのために 野菜のことを中心にいろんな方のお話しを聞かせ

記事を読む

無糖にされますか?加糖にされますか?

 今年からは コーヒーシロップ(コーヒー濃縮液)は  無糖 加糖の2種類で販売しています

記事を読む

サービスって、実はさりげないもの

プロローグ 島珈琲は コーヒーを通じて人の幸せに貢献すること コーヒーを通じて暮らしの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「間違いない」と思う飲食店の共通点

昨日はお休み。 家族で門戸厄神さんへ。   高校を卒業して、

テレビゲームが教えてくれたこと

今日は祝日ですが、高槻店はお休みです。 以前は祝日の月曜日は営業してい

リレーアタック防止には玄関にブリキ缶

僕の仕事用の車は、鍵です。 ドアを開けるのも鍵、エンジンをかけるのも鍵

やらな、わからへん

やってみないとわからない、標準語にしたらこうなるでしょうか。 やらなわ

迷ったら迷った味わいになる

これは自分の経験を通してわかったことですので、確信を持って言えることで

→もっと見る

PAGE TOP ↑