*

story

公開日: : 感謝!!

 昨日 カフェBeのコンサートは御陰様で 大盛況を頂き終演しました
ご来店頂きましたお客様 ならびに演奏者の皆様 
当日の運営にご協力頂きましたスタッフの皆様 
ほんとうにありがとうございました
アコースティックギターのデュオの演奏が30分
ゴスペルの演奏が30分 
1部1時間 充実した内容の濃い時間を
お客様に楽しんでもらいました 無事に終りほっとしております
各演奏者とも1部2部の曲目は違ったのですが
1部の後半 ゴスペルグループの方がアカペラでstoryを
歌いだしてから間もなくのこと
あるお客様が目を赤くし 止めどあふれる涙を
何度も何度もハンカチでぬぐう姿がキッチンにいる
僕の目にとまる
何を思い 何を思い起こし 泣いているのかわからないが
その曲を聴くと 心に沈殿していたなにかがこみ上げ
涙を流さずにいられなかったのだろう
その光景になぜだか僕ももらい泣きしそうになった
と同時にその方の泣いている姿がすごく綺麗にみえました
コンサートは笑顔で楽しいものと固定観念を抱いていた僕に
音楽の素晴らしさと音楽の力に 改めて感心させられた一幕だった
素晴らしいコンサートになったこと たくさんの方に感謝したいです
誰かのstoryの一ページになるような
そんなコンサートをこれからも続けていけたらと切に思いました

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

日本の古材で仕切りを作る

昨日は定休日、午前中は障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで月イチのミーティングでした。

記事を読む

1日何回「ありがとう」を言えるか、が僕の日々の目標 

毎朝、ツイッターで #島珈琲録 とハッシュタグをつけてツィートしています。  

記事を読む

no image

コンサート

 なぜこの日記で告知しなかったんだろ? 今になって気づきましたが 今日はカフェBeで吹奏楽

記事を読む

助言!過信したらあかんで

アマゾンプライムビデオでずっとキン肉マンを見てたのですが、全部見終わってしまったのです。笑 久しぶり

記事を読む

no image

きつい きびしい

 最近 自分をそう思う 実習生やパートさんにけっこうきつく厳しくしてしまっている もちろん

記事を読む

ありがとうございます、高槻店3周年を迎えることができました。

プロローグ おかげ様で11月21日の今日、島珈琲高槻店3周年を迎えることができました。 &n

記事を読む

毎日何かを頑張っていりゃ

 人間とって生存の次に大きな欲求は心理的な生存である それは理解され 認められ 愛され 必

記事を読む

no image

コーヒー教室

昨日は スタッフ中村による コーヒー教室入門編  ご参加頂いたお客様 ありがとうございました 終始 

記事を読む

ミノルタ

 実ほど 頭(こうべ)をたれる 稲穂かな 昨日 船井総研の白川さんと打ち合わせしているとき

記事を読む

2023年 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 2023年も皆さんに沢山の幸がありますように。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

出力を抑えて (4970)

基本的に焙煎はコーヒー豆の持っているポテンシャルをどれだけ引き出すか、

→もっと見る

PAGE TOP ↑