*

ダイエット

公開日: : 未分類

 

島の実物を知っている人は 「そんな細身で・・・たわけな話じゃ」と思う「まさか」
いやいやいや またなんかしょうもないことを言うんじゃないか と思う「やっぱりか」
これを読む紳士淑女の皆さんは「まさか」と「やっぱりか」が綱引きしていると思いますが
〈物忘れ嘆くな頭のダイエット〉
「やっぱりか」に軍配があがりましたね
昨日2月15日付の朝日新聞天声人語に書いてあり
全国老人福祉施設協議会の第6回「60歳からの主張」
川柳部門に約2千句が寄せられたうちの一つで
いやいやいや60でなくともダイエットしているなぁ~
と心当たりがある人は僕を含めけっこういるはずだ
名前が出てこずに 会話に名前をでないように誘導しながら話す苦労を皆経験しているはずだ
さっき出会った人がどこであった人なのか出てこず 眠れぬ夜もあったはずだ
テレビで見る芸能人の名前がすぐに出てこなくて 「あの~あの人 あれにでてたやん!」
と あの あれを連発してしまうこと あったはずだ 
脳の使用率は20~30パーセントっていうのに どうして物忘れをしてしまうのでしょうか
アルバートアインシュタイン博士?
ユングかフロイトかどっちか忘れたけど 忘れるのは「忘れたいから忘れるのだ」と何かの本に書いてあった
そして人間の叡智は「忘れることだ」と 何かに書いてあった
「万事前向きに考えよう」 と天声人語は締めていた

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

あついおもい

 人を動かすのは 理論や理性でなく情熱だ 人を動かすのは感情だ 燃えろ! でも あんまり「

記事を読む

1年生

島珈琲は11周年を迎えましたが 高槻店はまだ0歳  1年目は何かと よめないことばかりなので やれる

記事を読む

こしょこしょ

 今までは ホームが岡町だったため 高槻のカフェBeを閉店業務をすれば岡町の島珈琲のお店に

記事を読む

高槻ご当地ぽんずプロジェクト

 コーヒー屋のブログでは考えられないタイトルですが そうです 高槻ご当地ぽんずのプロジェク

記事を読む

no image

正平調

 被災地の皆様に心よりお見舞いを申しあげるとともに 被災地の一日も早い復興をお祈り申しあげ

記事を読む

病魔

 またかっっ!! 朝起きたら 下あごの奥歯の奥 炎症が起きていた いやな不安が心をよぎる

記事を読む

no image

だいたい1年くらい・・・

 mixiと楽天から始まったブログ ブログをつけだして1年くらいがたったと思う 毎日書くこ

記事を読む

沈丁花

自転車をこいでいると 花の香りがところところで 心を気持ちよくさせてくれます 花のことはよくわかりま

記事を読む

中学生の職業体験学習

 来週11月9日10日 カフェBeにて高槻第二中学生の3名が体験学習に こられます その打

記事を読む

珈琲屋でよかったと思うとき

ほんまにいい香りやなぁ~♪幸せ♪ じゃあねピース

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑