*

げんかつぎ

公開日: : 日々他愛のないこと

昨日のブログを書いてて思ったのですが 
焙煎がアートなら 焙煎することはつまりアーティスト活動ではないですか
焙煎をする イコール アーティスト活動をする
なんか響きがかっちょいいなぁ と思いました
こんにちは 珈琲焙煎アーティスト 島規之です

実は 僕 気がついたのです
お店の目の前に 上宮天満宮の常夜灯があるのですが
最近 朝の掃除の時間のとき 水をかけたり
ついた鳥の糞など洗ったりしていると
いいことが起こる確率高いのです!
(お店が忙しくなったり とか・・・)

ということで いいことが続くように
何がしきれいにしていきたいと思います 笑

けっこう げんかついだりする人なんですよ 僕

焙煎はアートだ!
焙煎アーティスト 島 規之

中村の 月イチ コーヒー教室入門編
7月は25日 木曜日 午前10時より に開催です
定員は6名様 お一人様2000円 おみやげ付き

詳しくはコチラ
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1351

島珈琲 フェイスブックページはこちら

http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ギャフン!な数字

 まだ見積もりをとっている段階ですが見積もりのひとつをいつも頼りにしている包材やさんのKさ

記事を読む

GO!GO!ハイキングバス!

僕らを乗せて走る~♪山超えて 行くよ~ハイキングバス! 日曜日は早朝に高槻店に車で行きまして 必要な

記事を読む

no image

さくせん会議

 昨日 深夜にいたるまでさくせん会議をしていました 9月11日にまたカフェBeでコンサート

記事を読む

石の上にも3年 高槻店は3年目

プロローグ 3月になってバタバタしております。暖かくなるとやっぱり動きたくなりますもんねー 今朝

記事を読む

お客さんに損させない営業をするために

昨日はまる1日お休みを頂きました。   年末年始の繁忙期で頑張った心身へのクー

記事を読む

ラーメン食べたい

 矢野顕子さんのそんな歌があったようなぁ・・・ コーヒーシロップの仕込みが今 終了しました

記事を読む

no image

sweet memories

 懐かしい痛みだわ ずっと前に忘れてたの でもあなたを見たとき 時間だけ あと戻りしたの

記事を読む

no image

沈黙は金

 ぷれいすBeの施設利用者であるT君 就労移行支援のカフェの実習生として 始めだしてそろそ

記事を読む

no image

犬も歩けば

今日は勤め先の仕事で些細なことなんだけども お客様のミスを手際よく解決したことで 電話越しだけどお客

記事を読む

心を水のように

  水を手本として心を水のようにするのである。 水は方円の器にしたがい、小

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑