*

沈丁花の香るこの季節に思うこと

プロローグ

自転車での帰り道、いつもそこは沈丁花の香りが漂う。
この香りが好きです。
春が来ますよー という合図のような、少し質量を感じる甘い香り。香りはいろいろな記憶を呼び起こす。
12年前、島珈琲を開業して1年たったくらいから、コーヒー豆の販売だけでやっていけなかったので、朝刊を配達するバイトをしながら2足わらじの生活をしていました。

 

あるお宅の前にくると必ずこの時期に、沈丁花の香りがした。その香りは僕を支配し、嫌のことや不安のことなどをどこか吹き飛ばすほど、その香りは僕にとって癒しのものでした。

 

花の香りは時経ても変わらない。花は生き方を迷わない。

そんなことを思う 沈丁花の香り。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_4351

 

あるものがない

さて、話は変わります。僕は前歯が差し歯なんですが、それがこのあいだ歯医者に行くと交換しないといけないことになりました。治療中で、今は仮歯が入っています。

 

仮歯なので、話が盛り上がり滑舌になると、口の中でポロっととれます。
食事していてもポロってとれます。

麺類が非常に食べにくく、前歯でかみ切ることができません。

普段あるものが突然無くなるとき、人は当たり前のことが当たり前でないことに気づくわけですね。

 

足を知ること

よくブログにも書いていることですが、般若心経の教えで「足を知る」。
今足りていることをもっと知れば、幸せな気持ちになる。というような事だと解釈しています。

 

この足を知るって大事なんですよね。もちろん
「いやいや俺はまだまだ勉強することがたくさんある!足りてなんかいないし、現状で満足できん!」という知的欲求的な部分でのそれは足りていることをむしろ知らなくてよいと思うのですが 笑 (二律背反な事書いてすみません!)

 

例えば相手と比較して「~がない」「うちには~がない」と思うよりも、僕にはこんな素敵な家族がある だとか、仲間がいる、友達がいる、とか比べなくても自分の周りには沢山幸せの足りている事柄は、たくさんたくさんあるはずなんですね。

 

ですから、比べることをやめて、自分を見つめて幸せの足りているところを見てみてみる、そうすると心豊かに人生を過ごせるのではないのか と思っております。

って僕も、まだまだできていないですけどね。

 

エピローグ

前歯が仮歯になって思ったことを今日はブログにしました。
春になるかならないかの手前で香る、沈丁花の香り長く香っていてほしいなぁ~と思いながら、いつものその場所に行くことを今日もひとつの楽しみにして。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

熱いコンサートでした!

  昨日の素晴らしいコンサートでした 出演者の皆さん スタッフ そしてお客様 ほんとうにあ

記事を読む

高い次元をめざせ!

 トータルパーソンを目指してトータルパーソンとはあるべき人間像として知性と精神性を高い次元

記事を読む

no image

しまさん おはよう!

 高槻 カフェBeは施設のレストランを利用し 空き時間はカフェを ランチタイムは併用して施

記事を読む

考えること

たくさんありすぎて 時々あたまがこんがらってしまうのですが 来週は月曜日 自身のお休みを頂きまして 

記事を読む

こんなんでましたけど

 島珈琲オリジナル セロテープ! 非売品! いったい使い切るのにどれだけの時間が費やすのだ

記事を読む

元気な人に人は集まるのか?元気になれる人に人は集まるのか?

プロローグ 舞鶴のお客様からいつも電話でご注文を頂くのですが、その時いつもいろんなお話をしてくださ

記事を読む

あぁ日本

 GDP減速 景気優先の対策対応を急げ  成長が足踏みした要因は、内需の柱である消費の低迷

記事を読む

危所遊

 僕の好きな言葉のひとつである 「危所遊」 芭蕉の「名人 危所に遊ぶ」という言葉から取った

記事を読む

no image

ブログに写真を

のせようと思っているのですがネタが決まっているときは写真も用意しますがたいてい パソコンを開き ブロ

記事を読む

no image

オーマイガっ

 一所懸命 書いた日記 昨日の書いた日記に対して反省したいことがあったので いろいろ書いて

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか

初めてコーヒーを飲んだ記憶、皆さんは覚えておられますか? &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑