*

その時々の頂きを愉しもうじゃないか

プロローグ

今朝は、ギャラクシーブックの担当者さんと初打ち合わせがありました。

IMG_7059

 

迷ったら、結局 好きか嫌いかで決めることが正解 と去年7月に行った合宿セミナーでエクスペリエンスマーケティング、略してエクスマの藤村正宏先生が言われた名言をノートを書いていたのを見て思いだした。

一瞬やるか、やらまいか迷いましたが、おもしろそうなので、文を書くことが好きなので出版してみることにしてみました。

 

商業出版なんで、いわゆる印税という僕の人生にはまったく無関係だと思っていたものが、手に入るようになるらしいです。ですからもちろん文を作る労力と、構成や編集してもらうための結構大きな費用が必要となります。

 

覚悟を決めて取り組みたいと思います。そして本が完成した時に手にとった人が「面白い、楽しい!」と思ってもらえるように、僕も心底この制作を楽しんで取り組みたいと思います。

 

完成は1年後を目標に。
ブログをいつものように書きながら(笑)、本を完成させたいと思います。
タイトル何にしよ・・・
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

僕のコーヒーパッケージの横にはこんなことが書いてある

「焙煎を究めるため産地の農園で働いた男の店 島珈琲 焙煎アーティスト島規之」と。
コーヒー焙煎を生業にしている人は、僕の知るかぎり「求道者」の方が多く、僕もそのうちの一人です。

IMG_7061

 

美味しいコーヒーを求めるため、焙煎を勉強し、原材料のコーヒー生豆を勉強し、産地のことを知り、産地の情報、世界のコーヒー動向を調べ、そして生きる道、哲学のことまで考えている人が周りに多いです。

 

焙煎をやっている人は案外 類は友を呼ぶ みたいで、似たような人、似たような趣味を持った人が結構多いです。それはどうでもいい話です。

 

究めるため、だけど、究めることが出来ないのが道

なんでもそうなんだけど、究めた!と言うとその地点がゴールであり頂上であると思うんです。
そう思ってしまうと、もうその上がない。

 

つまり進歩がないと思うんですね。
焙煎をしていて、100回に1回もないのですが、「これすげぇ、完璧や!僕 天才ちゃうか?」とほんの一瞬だけ自惚れるくらいドストライクの焙煎ができることがあります。

 

でもね、そこで満足してしまったらそれ以上進歩がありませんよね。それに、これはすごいと思っていても、次の瞬間からもっと美味しいのができるんじゃないか、そう思ってしまい、また新たに次の頂きが向こうにそびえてくるんですね。

技術はそうして、高まっていくんですね。

 

エピローグ

たぶん一生、コーヒー焙煎を究めることはできないだろうけど、その時々の頂きを楽しみながら、お客さまに喜んでもらえるコーヒーであり、お店作りであり、接客を究めるために日々精進したいなぁと今日は日記なブログになりました。

 

がんばります!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

sakura並木

 豊中から高槻まで車に乗って通っている 抜け道で走るストリートの桜並木が そろそろになって

記事を読む

no image

あぁ~カケフ氏

新聞を読んでいると一時的に掛布さんの家が 市民税の滞納があって差し押さえになったらしい 同じ豊中市な

記事を読む

学生時代の勉強は役に立たないか否かは、社会人にならないとわからない

寝る前に時間の余裕がある時は、本を読んで。 睡魔が襲うため、長くは読めないので、小説の一節だけ。

記事を読む

のほほーん な 日

 昨日 お休みを頂きましたが 午前中とお昼くらいまではなんやかんやと 高槻店で仕事をしまし

記事を読む

no image

沈黙は金

 ぷれいすBeの施設利用者であるT君 就労移行支援のカフェの実習生として 始めだしてそろそ

記事を読む

no image

ついつい・・にやけてしまう

 障害者支援施設でのcafe立ち上げの契約が始まって 10日が経ちました 福祉関係は初めて

記事を読む

心穏やかになるために 心がけていること

プロローグ 職人に憧れてコーヒー焙煎屋を選びましたが、もちろんお商売をしているので商人でもあります

記事を読む

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。   いつも日々のパタ

記事を読む

no image

その勝負ちょっと待ったぁ!

 果たしてこれは珈琲屋の日記なのか 書き上がってからそう思った 土曜のお昼はいつもカップ麺

記事を読む

ギャフン!な数字

 まだ見積もりをとっている段階ですが見積もりのひとつをいつも頼りにしている包材やさんのKさ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑