*

島珈琲オススメのコーヒー豆、NO1とNO2の差はなに?

公開日: : coffee

コーヒー豆を見て、味を連想できるのは、プロかコーヒー好きのマニアさんくらいで、一般家庭で楽しむお客さんが、コーヒー豆を見てわぁ美味しそう!と思うことはあまりないのと考えます。

 

なので、いかにコーヒー豆の味わいを可視化できるか、言葉で表現できるか、がプロには求められるわけです。

 

コーヒー豆になんとかマウンテンという名前が昔、多かったのは、ブルーマウンテンの味わいの評価の先入観を利用して、美味しそう連想させるためなのかな、なんて僕は考えてます。

 

コーヒー豆を見てというよりも、香りをかいで、いい香り美味しそうとなるのが一般的ですが、僕たちコーヒー豆屋の場合、店頭なら言葉で説明して想像を描き立ててもらうことになります。

 

お客さんへの説明する言葉は、表現力とわかりやすい言葉、それと噛み砕いた説明が大事になってくるのですね。

 

 

今、書きながら思いついたこと

 

そうか、それぞれの香りがわかるように、各銘柄のコーヒー豆を小びんに入れて、各銘柄の香りを、試飲じゃなくてなんて言うんだろう、試嗅っていうのかな、香りで選んでもらうってのも面白いですね。

 

書きながら閃いた 笑

 

閑話休題です、それで一番、お客さんに分かりやすいのがこのお店で、一番人気のあるコーヒー豆をお伝えすること。

 

例えば、初めてのお客さんの場合、こういつも僕は説明します。

 

「当店のおススメは、ブレンド花とブレンド風と2つあって、ブレンド花はあっさり飲みやすく軽いタイプで少し酸味を感じるコーヒーです。逆にブレンド風はコクと苦みがしっかりあってコーヒーらしい味わいがあります。この2つの味わいは対照的で、白ワインか赤ワインかの違いに似ています。ブレンド花が当店の1番でブレンド風が2番とメニュー表には書いていますが、中焙煎=中煎りではブレンド花、深焙煎=深煎りではブレンド風がそれぞれ1番人気になっています。あとはあっさりが好きか、濃い味わいがお好きか、その好みの違いになります。」と

 

まずその2つからスタートしてもらって

 

どれをオーダーすれば、と迷う方には、お好みを聞き、どちらかを選んでもらって、そして次回以降に飲まれた感想を聞き、更にそのお客さんのお好みに近づけていく、というスタンスを僕はとっています。

 

お客さんにとって、1番とか2番とか、そうした分かりやすい目印を付けると選びやすくなると考えます。

 

ですので、島珈琲の人気NO1、NO2の違いは、わかりやすくしているだけで、実はほとんど1と2の差はない、どちらも人気のブレンドなんです。
くどいですが、あえてわかりやすく順番をつけているだけ、なんですね。笑

 

そんな島珈琲のオススメコーヒー豆のお話でした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

海外から来るコーヒー豆。輸送中はどんな旅をしてくるのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました。   コーヒー豆は赤道を中心とし

記事を読む

一歩そしてまた一歩

 少しずつ進化しております 完成までの旅は まだまだつづく

記事を読む

理由は後付でもいい まずはやってみること

またちょっとコーヒー教室でのお話したことを詳しく書きますね。   コーヒーのペ

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

なんだと思います?お客さんから質問されるNO.1はコチラ!

皆さんは、どんな内容の質問が多いと思いますか? ドリップのやりかた?美味しい淹れ方?保存方法?粉の

記事を読む

バラすぞー

 昨晩は高槻店の焙煎機  誠 号 をバラして掃除をしましたステンレスシリンダーのコーヒーの

記事を読む

1粒のコーヒー豆の重さは、中煎りの方が重い 何に意識しておくか

お店のレジのことで、迷っています。 お隣の新しくオープンしたイタリアワイン専門店のオーナーさんに、先

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ドリップコーヒーについて 知りたいこと

僕 島規之が、コーヒー基礎講座の講師を務めることになりました。 久しぶ

通販 店頭 税込表示に変更します!

昨晩は帰宅すると、娘が玄関までお出迎え。 元気な声で、おかえりーと。

ブレンド桜ふぶき ネット販売開始です!

昨日はお休み。 家族で伊丹にあるプラネタリウムへ行き、その近所にある伊

1回の焙煎時間はどれくらい?

岡町本店では、営業時間内でも焙煎をしていることが多々あります。 岡町本

開業17年 コーヒーの価格の流れ

島珈琲が開業したのは2002年3月29日。 次の3月で開業18周年とな

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑