*

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ

先日、新居へ引越をしました。
いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

 

環境が変わると4歳の娘になにか影響があるかなと心配していましたが、ちょっと甘えたさんになっているくらいで、新しい家にも少しずつ慣れてくれているようで一安心。

 

奥様が気持ち良く家で過ごせる環境になれば、僕ももっと仕事に打ち込める環境になるので、結果良かったかなぁって思ってます。

 

借金の返済完了はかなり遠いですけども(笑)、頑張りたいと思います!

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_3998

 

 

ペーパーによる味わいの違い

先日、お客さんからご質問を頂いたのですね。
メーカーの違う同じような形のドリッパーとペーパーを使いドリップして違いを比べてみると、ある方はゆっくりなんです。
何が違うのですか?

 

このようなご質問でしたので、たぶん僕はペーパーの質の違いだと思い、それを伝えました。
ペーパーの何が違うのか。

 

同じ様なペーパーでも密度が違うのですね。
いわゆるペーパードリップは紙で濾していることなんで、その濾している紙の目を顕微鏡などで見たときに、密度があるかどうかでお湯が落ちる速度が変わります。

 

ザルの目を想像して下さい。

 

顕微鏡でペーパーフィルターを見た時に、ザルでいうあの「目」の隙間が大きいか、それとも隙間が小さいか、これによって抵抗が変わるので、抵抗が多いと遅い、抵抗が少ないと早いとなります。

 

見て分かるのか?

というと残念ながらわかりません。
手でもって触った感触で判断も難しいですね。

 

ドリップして比べてみるしかありません。

 

同じ形をしててもコーヒーの器具のメーカーによって、紙の質は違うので、ペーパードリップの時にお湯の落ちていく速度(下の受けポットに落ちる速度ですね)が違うために、出来るコーヒーの味わいにも変化がある、ということになります。

 

とりあえずコーヒー専門店でオススメしているペーパーフィルターなら大丈夫ですが、いろいろなペーパーフィルターを使ってみて、お好みのペーパーフィルターを探すのもまた面白いかも知れません。

 

エピローグ

コーヒーはほんとにデリケートで、いろんな事でいろんな味わいが変化していきます。

 

奥が深いといわれる由縁はそこにあるのですが、気にならない方は気にしなくて大丈夫なので、コーヒー器具のメーカーのペーパーフィルターを使ってもらえば大丈夫です。

 

あまり安いもの、例えば○○円均一などで売っているペーパーはだいたい密度が小さいので、僕はオススメしておりません。

 

美味しいを求めるなら、メリタやカリタなどなどコーヒー専門のメーカーを選ぶと良いでしょう。

それでは、また。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

コーヒーを愉しむ為に必要な2つのこと

プロローグ 僕は「続ける」ということが苦手でした。 えっ?と思われる方もいるかと思いますが、ほん

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

しまこーひーのフレンチプレス大全

プロローグ 島珈琲のお客様が、先日「フレンチプレスにはまったー!」といろいろご相談を受けましたので

記事を読む

インスタントコーヒーってカフェインが多いの?

プロローグ 昨日の記事、フェイスブックにリンクして投稿すると面白いなぁと思うコメントがたくさんあり

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆の用途は、アイスコーヒーだけなのか

プロローグ 島珈琲のメニュー表に、アイスコーヒーのブレンドというブレンドがあります。 これはドリ

記事を読む

コーヒーの香り成分は何でできているのか

昨晩は娘に「たこ焼き」をお土産に。   たこ焼きを買って帰ると、これはマンガの

記事を読む

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

今、ドリップコーヒーはペーパーが主流なのか、それとも金属系なのか

プロローグ さて、今回もご質問コーナーなのですが、とうとうお客様からではなく、初めての方からメール

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑