*

「 自家焙煎コーヒー 」 一覧

コーヒーはあなたの生活の何になるの?

プロローグ さて、明日はエクスマ塾の日です。ですので、高槻店は臨時休業させて頂きますね。 なぜ勉強するのか?僕が思うのは、やっぱりお客さまにもっと幸せのカタチを伝えたいんです。  

続きを見る

エスプレッソの超細挽きの粉でドリップした結果

プロローグ エスプレッソは超細挽きのコーヒーの粉を使い、マシンですと30秒くらいで60CCの濃いコーヒーの液体を作ったものをそう呼ばれています。   細かくした粉というのは細か

続きを見る

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国によって、国の中でも地方によって、それぞれ味わいが違ってきます。これは左と右で飲み比べてみないと分か

続きを見る

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれますが、一般的には、例えばブラジルとかコロンビアとかその国のものがストレートと呼ばれ、ブレンドはブラジ

続きを見る

コーヒーポット(ドリップ用のポット)の選び方3つのポイント

プロローグ 昨日、お客さまからコーヒーをドリップするときに使うポット。これを選ぶときに何を気をつければいいですか?とご質問を頂いたので、今回の記事にまとめたいと思います。  

続きを見る

コーヒーシロップの新しい使い方。お湯で割ってホットコーヒーができる!

プロローグ 先日、お客さまから電話がありました。 「島さんところのコーヒーシロップ、お湯で割ってホットコーヒーを作るのは邪道ですか?」 すごい気を遣って頂きながら、質問をしてくださりました。

続きを見る

水だしコーヒーは何グラムで何ccの水で作るとよいのか?

プロローグ 前回のブログは記事というよりも、動画メインで投稿させてもらいました。これから動画ってもっと重要なポジションになるんだろうなと思います。動画の方が伝わりやすいですからね。ちょっとずつ練習し

続きを見る

いばからチャンネルに出演!動画で語る焙煎アーティスト島規之とは!

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 今日は「いばからチャンネル」というユーチューブの番組のご紹介です。   茨木から日本を元気にする会があります。2ヶ月に一度集まり、みん

続きを見る

知ってますか?焙煎したてのコーヒー豆は100%の力でないことを

プロローグ 先日、ブログを見てくれたギャラクシーブックの担当者さんが商業出版で本を出しませんか?というお誘いというか、営業というか、どっちかわかんないけどもありまして、先日審査がありました。

続きを見る

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともあるんだぁ、とお付き合い頂けたら嬉しいです。   中焙煎=中煎り 深焙煎=深煎り 

続きを見る

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒーは濃い液体が、つまり濃い味が底に溜まるんですね。 そのなぜかに今日は迫りたいと思います。

続きを見る

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~」と、えっへん。 当たり前といえば当たり前なんですが、やっぱりね、見た人が気持ちいいじゃないですか

続きを見る

コーヒーの適齢期はいつ?

プロローグ 日曜日は、営業日は日曜日だけの岡町本店でコーヒー豆の販売をしています。 岡町本店はコーヒー豆売りのみで喫茶営業はしていません。 ですから高槻店と比べ、のんびりと(笑)営業しています。

続きを見る

そもそも深煎りとか中煎りとか、なんなのか?

プロローグ 僕たち職人が当たり前に使ってしまう言葉ほど、案外お客さまには理解されていないと思います。 理解してないのに、「そんなの業界では当たり前やん」というような態度で接客されると、どうでしょう

続きを見る

僕はブログで誰に何を伝えたいのか?

プロローグ 僕の趣味のような仕事の一つに「ブログを書くこと」という習慣があります。趣味と言っているのはブログを書くことが好きなんですね。 月曜日を定休日にしてほぼ毎日更新しているこのブログ。始

続きを見る

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになっているように思う。「ここはほんとに日本か?」と思うような、なんだか亜熱帯的な気候に思うときもあるほどで

続きを見る

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌に掲載れていたハワイ島にあるコーヒー農園のHPに、コーヒー栽培のお手伝いボランティアの募集が。

続きを見る

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1杯挽き立てを楽しむ、挽いている香りを楽しむ。贅沢な時間ですよね。   もし誰か

続きを見る

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

寝る前にコーヒー飲んで大丈夫?

連日、違うお客さんから同じ質問を受けました。 コーヒーを寝る前に

→もっと見る

PAGE TOP ↑