*

コロッケパン

公開日: : 日々他愛のないこと

 熨斗をつくるのにこんな便利なサイトがあったなんて・・・
めちゃ助かります!
便利な世の中になりましたね
http://www.noshi.jp/
さてさて 来月から始まる社会福祉法人 北摂杉の子会 の新しい施設
「ぶれいすBe」にてカフェを立ち上げるなかでメニュー構成を
考えています
そのメニューの中で コロッケパン らしきものを
フードメニューにいれたいと考えています
というのも 同じ法人の別の施設でコロッケを作っているのですが
それをうまく使えないかとない知恵をしぼっています
昔ながらのコロッケパンでなく カフェなんで
こじゃれた洋風コロッケパンとでもいいましょうか
名物的なコロッケパンを作り お店の一つの柱にしたいと思っています
コロッケパンという名もおしゃれでないようなので(僕的にはオーケーですが・・・)
別の名称もないだろか・・・と街ではキョロキョロして何か探しています
いいアイデア なんかなーい?
明日は新設された施設が完成したので下見をかねて見学に行ってきます
家具備品を設置しているところとのことですので 見学していろいろ考えたいと思います  
コロッケパン コロッケパン・・・・ ピース

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

えっぶりでー

  毎日 エブリデー 日記を ブログを 書こうと 決めている しかし 結婚してからというも

記事を読む

この土壇場で・・・

 やや風邪気味に陥ってしまった 病は気から ということで「やや」というところ強調しておきま

記事を読む

no image

少し時間があるので

 イベントまで 少し時間があるので 忙しい毎日にはかわりないが なんとなくゆとりがある昨日

記事を読む

人間の美しさは心を高めるところに生まれる

プロローグ 僕は昔からどちらかというと心の弱い人間で 今も正直なところまだまだ足りてない・でき

記事を読む

no image

カフェBeに

 最近 ほんとにたくさんの方から「カフェBeには戻らないのですか?」とよく聞かれますご安心

記事を読む

はりあっぷ

急がなければなりません! いつもは高槻店の閉店作業が終われば ちゃりんこで郡家本町までダッシュして 

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

no image

後ろ姿がルパン三世

 と 看板をしまいに行くとき 仕事を終えた施設の職員さんに言われた 「島さん またやせまし

記事を読む

休日は図書館へ

 図書館に行くつもりがなかったんだけども 図書館の前を通ったときに吸い込まれるように入って

記事を読む

no image

大人になったよなぁ

 今日は明日の段取りと仕込み+アクシデントでこんな時間になってしまった 忙しいのはありがた

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです

コーヒー豆・粉を保存するのに気をつけたいこと

昨日は娘の幼稚園が代休で、1日お休みに。   日

障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑