*

高槻しいたけセンター

公開日: : 感謝!!

 ありがとう祭りの段取りは 想像以上に大変なのですが
でも 大変さよりも おもいおもいを込めてつくってくださる皆様と
お話しできることが何よりも楽しく また とても刺激になり
僕も頑張ろう まだまだだなぁ と思うから楽しくてしかたない
今日は閉店後 高槻しいたけセンターの渡邊さんとお話しをしました
歳は同じくらいで 担い手の少ない 農業をされている
稲刈りが忙しくて・・・としいたけだけでなく いろんなことを
なされていて感心させられる
僕らにはわからない つらさ苦しさがあると思う
でも なんかこう志が似ているからだろうか
お話をしていてもリズムがある 同じ事を考えている
担い手の少ない 日本の農家さんに対し 僕はコーヒーという道を選択したから
なんとも言えないけども 少しでも日本の農家さんといえば大げさなので
高槻の農家さんのために 少しでもありがとう祭りが貢献できればなぁ
なんて思っています
渡邊さん ありがとうございました!
高槻しいたけセンター  http://www.kinokos.net/

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

忙しい

 休みの少ない毎日を過ごし 「忙しい」を理由になかなか友人に会えないけども 今日は時間差で

記事を読む

no image

きつい きびしい

 最近 自分をそう思う 実習生やパートさんにけっこうきつく厳しくしてしまっている もちろん

記事を読む

仕事は楽しまないと損だ!

プロローグ さきほど、森のおはぎのオーナー様がコーヒー豆を買いに来られて、お話を少ししていました。

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

「美味しい」は健康であることが大前提だ

プロローグ 先日 先々日と娘の風邪をもらい寝込んでしまいました 医者には滅多に行かない(行きた

記事を読む

わかれ

 今日は島珈琲で働いてもらっているNさんとの最後の仕事の日でした 僕が休みを取るために1日

記事を読む

no image

今から僕は

 高槻から急いで帰ってきました(といっても安全運転です) 今日はいつもお世話になっている建

記事を読む

no image

さて 行きまっか!

 今年 一発目の日記であります 皆様 あけましておめでとうございます 今年ものってるかーい

記事を読む

時間を忘れる空間をつくるには?

プロローグ 昨晩は新規オープンする喫茶店にコーヒーのレクチャーに行ってきました。 家庭用のコーヒ

記事を読む

サービスマン

 僕は高校を卒業してすぐ 中国料理店でホールの仕事に就職したので 「サービス」には たぶん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったよ

コーヒー豆って腐ったりするの?

今日は起床時間に起きようとしたのですが、連休前からの疲れがでてきたのか

大阪・谷町4丁目に島珈琲のコーヒー豆が飲めるカフェができます!

さてさて今回の記事は、島珈琲社会貢献部のお話。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑