*

ほこり

公開日: : 感謝!!

 昨日 チラシ作成の打ち合わせのため 姉と実家で待ち合せをし
打ち合わせをしながら ひょんな話になった
島珈琲のライオンロゴ 実は姉が制作したものです
なんでライオンなのか? けっこう聞かれますが
強そうだったから・・・ なんです
さて 話の内容ですが 僕のブログでは 僕が前向きで
いつもアグレッシブだが 落ち込んだりへこんだりすることないのか?
それから立ち上がるときに何が支えとなっているのか?
姉からそんなことを聞かれた
いくつかの答えを言い 
最後にぽつりと 「続けてきた誇り」と口からでた
人にはたった一言だけど 心に響き いつも自分を支えてくれている
そんな言葉があると思う
僕はくじけそうなりお店をやめようか何度か迷ったときに
お客様が「島さんがお店を辞めたらどこでコーヒーを買ったらいいの?」
と言う言葉が僕を支え どんな苦労があっても
僕のコーヒーを待っているお客様のために頑張らければ
そう思い この9年間やってきた
続けてきた誇りはお客様が支えてくれたからの勲章で
このご恩は一生かけて返すべきだ 
すなわち そう 美味しいコーヒーを求め続けることで
今 カフェBeの花壇にはたくさんの花が咲いています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

僕がPOPを書くときに気をつけていること

プロローグ このブログは誰に向かって書いているのかというと、僕は島珈琲を愛してくれているお客さまに

記事を読む

1日だけ!島珈琲が飲める図書館カフェ!

プロローグ 島珈琲は日曜日だけの営業の豊中にある「岡町本店」 火曜日から土曜日まで営業の高槻にあ

記事を読む

no image

ありがとうのわ

  今日は ご近所 土室にあるパティシエ コータローさんの オーナシェフ 清水幸太郎さんに

記事を読む

しまさんのために

 は今年オリックスファンだ と去年楽天ファンからFA宣言したのである なぜか?と問われれば

記事を読む

熊本は酪農日本一

 なのです そんな酪農王国熊本は阿蘇の酪農地域で 美味しいミルク 高鮮度ミルクを使える環境

記事を読む

no image

ぴんぽんパン

 http://www.ric.hi-ho.ne.jp/kujiragumo/index.

記事を読む

あなたは、あなたのままでいい

プロローグ 3月4日の朝刊で、姉妹店の「カフェBe」店が大阪版で紹介されました。 この取材には僕

記事を読む

当たり前は「当たり前でない」事に気づく時

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日は僕のスマートフォンに速度規制が12時間

記事を読む

no image

お世話になりました

 今日で平日勤めていた運送会社のアルバイトを退職した そもそも前職マツモトコーヒーを辞め 

記事を読む

今まで一番臭かったものは何?

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。 僕はですね、18歳の時に経

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーは不老長寿の万能薬と言われてたってホント?

どうせ千年もない人生さ 涙も笑え 笑いとばせ粉々に  

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

→もっと見る

PAGE TOP ↑