*

ほこり

公開日: : 感謝!!

 昨日 チラシ作成の打ち合わせのため 姉と実家で待ち合せをし
打ち合わせをしながら ひょんな話になった
島珈琲のライオンロゴ 実は姉が制作したものです
なんでライオンなのか? けっこう聞かれますが
強そうだったから・・・ なんです
さて 話の内容ですが 僕のブログでは 僕が前向きで
いつもアグレッシブだが 落ち込んだりへこんだりすることないのか?
それから立ち上がるときに何が支えとなっているのか?
姉からそんなことを聞かれた
いくつかの答えを言い 
最後にぽつりと 「続けてきた誇り」と口からでた
人にはたった一言だけど 心に響き いつも自分を支えてくれている
そんな言葉があると思う
僕はくじけそうなりお店をやめようか何度か迷ったときに
お客様が「島さんがお店を辞めたらどこでコーヒーを買ったらいいの?」
と言う言葉が僕を支え どんな苦労があっても
僕のコーヒーを待っているお客様のために頑張らければ
そう思い この9年間やってきた
続けてきた誇りはお客様が支えてくれたからの勲章で
このご恩は一生かけて返すべきだ 
すなわち そう 美味しいコーヒーを求め続けることで
今 カフェBeの花壇にはたくさんの花が咲いています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

評価上々

 時々 わざわざ舞鶴から島珈琲やカフェBeにおいでくださるお客様が 無糖のコーヒーシロップ

記事を読む

商は笑なり

 今年の営業も本日17時をもって無事終了となりそうです 今年はほんとにいろいろあった歳でし

記事を読む

no image

 例の鹿児島の件である そのオファーを頂いた店長にお電話させてもらった とにかく明るい 声

記事を読む

カフェのご依頼 頂戴いたしました

以前 イベントでお世話になった方から お電話がありました 「今度 カフェをすることになったんですけど

記事を読む

no image

おいっす!

 高槻のカフェBe カフェをご利用でなく コーヒー豆だけを買いに来られるお客様も増えてきま

記事を読む

no image

発見

 今までコーヒーの豆売りのノウハウは身につけてきたが エスプレッソマシンやドリップコーヒー

記事を読む

プロポーズ

 基本的に超個人的な出来事をブログに書くことは控えていましたが 今日の出来事は書いて 皆様

記事を読む

no image

かけません!

今日は忙しくてブログを書いくまがありませんでしたたくさんのお客様に感謝ですね!さぁ今から高槻店の荷物

記事を読む

no image

1たす1は?

 タイトルをつけて =は 「は」なのか「わ」なのか 少し悩んだ たぶん「は」だろう 高槻の

記事を読む

パワーストーン

 を もらいました アイ・アゲート 魔除け 勝負運 予知 の力をあたえるそうで 第六感とい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさ

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

→もっと見る

PAGE TOP ↑