*

ほめない

公開日: : 感謝!!

 僕が熊本に出張に行った日 カフェBeは大変忙しかったそうです
スタッフのみんなが協力してお店をまわしてくれた
施設の職員さんも協力してくれたそうだ ほんとうにありがとうございます
その中でも 施設利用者のT君 カフェBeの中では僕に続き2番目に
長いスタッフであり 彼をリーダーとして役割と責任を持ってもらうように
日頃から声をかけていた
だから彼にはけっこうきつく言うときもあった
障がいがあろうがなかろうが そんなこと関係無く 
厳しく叱ることが多々あった 
それはそれをバネにして
「なにくそ」と思って もっと這い上がってほしかったからである
野村監督の本にも書いてあったけども
人とは自己愛で生きており 誰だって自分がいちばんだ
だから 褒められたり おだてられたり 優しい言葉に甘えてしまえば
低いレベルで満足してしまう
そうなれば人の成長はそこで止まってしまう
今回もT君は十分な仕事してくれていたはずだ
わかっている だけどあえて褒めなかったのは
T君の実力では当たり前なのである
そんな程度で満足してはいけない
自分を安く見積もってはいけない
君にはもっともっとできることがたくさんあるんだよ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

さて 本日は

 今日は休日を頂いておりますが ホームページのリニューアルの打ち合わせやもろもろで高槻店で

記事を読む

この世の中で唯一コントロールできるもの

やっぱり生ライブはいい   こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

記事を読む

no image

グリコ パワー

 ここんとこ グロッキー状態 もしくはスタンディングダウンを とられてもおかしくないくらい

記事を読む

no image

かふぇかいしょ

 ぷれいすBeを運営しているのは社会福祉法人 北摂杉の子会 その北摂杉の子会が近所でジョブ

記事を読む

no image

生かされた8年

 開業は2002.3.29 御陰様で8年 お商売をさせて頂くことができました ほんとうにあ

記事を読む

人間の美しさは心を高めるところに生まれる

プロローグ 僕は昔からどちらかというと心の弱い人間で 今も正直なところまだまだ足りてない・でき

記事を読む

no image

それゆけ しまこーひー

 「頑張って続けてくださいね」 このお言葉をお客様からよく頂きます 頑張ります しまこーひ

記事を読む

no image

今日こそは

 今日こそは 今日こそは 休肝日にしようと 心に堅く誓うのだが ランニングの後 流れる汗 

記事を読む

no image

借りをつくること

 読売新聞の編集手帳に書いてありました 生きているということは 誰かに借りをつくること 生

記事を読む

好きなこと×好きなこと で たぶんすごく楽しく伝わるはず

月曜日 火曜日に行って学んできたセミナーの内容について 今日も書いてみます 大阪は随分と蒸し暑いです

記事を読む

PREV
じつは
NEXT
ほこり

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑