*

情熱の薫りを求めて

公開日: : coffee

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之
島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラックス
仲間や家族と楽しい会話がはずむ
本物のコーヒーにそんな力がちょっとある・・・と信じて
高校生のとき喫茶店のアルバイトがきっかけで、この世界に興味を持ちました。焙煎をはじめて知り、初めて焙煎したてのコーヒーを飲んだときの「コーヒーの本当の美味しさ」を知った感動を今でも忘れられません。
その感動をもっと皆様に知って頂きたい、その感動を皆様にも味わってもらいたい そんな想いをもち コーヒー焙煎業に取り組んできました。
焙煎を知る過程で、「原料であるコーヒー生豆のことを知らなければならない。」 と知ったとき、思い立ってハワイ島に行きコーヒー栽培に従事しました。コーヒーが輸出するためには、どのような栽培がなされ、どのような精製がなされ、どんな苦労があって、どのような人たちがどのような想いで、コーヒーという魔性の飲みものに対し情熱を燃やしているのかを、この目で確認してきました。
その経験があるからこそ、素材を見抜く 本物へのこだわりの強さになっています。
島珈琲では、スペシャルティコーヒーという世界でも生産量が少ないコーヒーを使用し、コーヒーのランクのピラミッドでは、頂上に限りなく近いクオリティのコーヒーを使用しています。そのスペシャルティコーヒーを知るためにブラジルのミナスジェライス州まで行き、専門の知識と技術、味の見分け方を勉強してきました。
そうして素材に対する「確かな目」を育てながら、スペシャルティコーヒーの風味を限りなく そのポテンシャルを100パーセント以上引き出すために、焙煎技術を研究してきました。
このコーヒーを最高のものにするために何が必要か?焙煎機をひとつひとつ改良し、見直し、従来の機能に島珈琲の経験と知恵、そして先輩であるコーヒー職人のアドバイスをもとにしながら、現在の焙煎機は完成されました。
コーヒーのポテンシャルを最高に引き出すマシンを操る技術と、その素材を見抜く眼力 これこそがプロ焙煎士の称号と言えるでしょう。
スペシャルティコーヒーが持つ 薫り、美味しさ、甘さ、そしてアロマとセピア そして引き出す技術
そのすべてが本物志向を求め、こだわる島珈琲は、初めてのあの感動を一人でも多くのひとにお伝えしたい との想いで日々を走り続けております。
コーヒーの持つ薫り 情熱の薫りを求めて
島珈琲 島 規之
と ちょっと必要だったので自己紹介文を作ってみました
どうでしょうか? ちょっとえらそうですね・・・すみません・・・

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

がんに対抗できるコーヒーの力

プロローグ 「コーヒーを飲むことで死亡リスクが低下する」という、9万人による日本人対象研究で確認さ

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

今年はコーヒー豆の当たり年?ブレンドの味わいの調整のお話

さて、金曜日は奥さんお休みで一人営業の日です、ワンオペ。   岡町本店でのお話

記事を読む

アリの大群を止めるのには、コーヒーのカスを蒔いてごらん

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   おとついあたりから、お店の前を

記事を読む

コーヒー焙煎屋ですが 僕苦いのは苦手です

こう見えてわりと失敗の多い人生でして、そうだ!と思いついてやってみては、思ったように行かず「あらら」

記事を読む

よく書いてある「アラビカ100%」ってどういう意味なの?

先日のお休みに娘がトイザらスに行きたいというので、車に乗って行ってきました。 何を買うと言う目的は

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

プロが見る!おうちで美味しくコーヒーを飲むために1番大切なことは何?

先日、たこ焼きを買い娘へのお土産にしたところ、えらく喜び、先日から「父ちゃん たこ焼き買って来たの?

記事を読む

マグカップ1杯分に使うのコーヒーの粉の量を教えてください

よくそんなに毎日ブログのネタがあるね、と時々言われます。 僕もびっくりしてます(笑) &nb

記事を読む

初めてのコーヒー豆屋で困らないようにくふうしていまーす

プロローグ コーヒー豆屋というのは「何となく敷居が高い」ように思っちゃいますよね。 島珈琲を開業

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来な

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの

→もっと見る

PAGE TOP ↑