*

三菱ミニキャブ!

公開日: : 日々他愛のないこと

 今日もクレーム処理の仕事でどやされた~♪
どうしてなんだいハニー?おいらが何をしたってんだ?


ということで 今日は指定時間に間に合わなかった荷物の謝罪の電話をしたんですが 
電話をかけて まず「相づち」がないときは 赤信号です


さかなでしないように 言葉を選びながら 話を聞き 時間をかけながら
優しい口調とおっとりとしたリズム そう 森本レオさんのような口調で
いわゆる言い訳をしまして
「どうしてこんなことで私は(僕は)おこってんだろ?」と
思うようにしむけます


この荷物 伝票がとれてしまってどこに持って行っていいのか
わからない荷物で調べているうちに遅れてしまったのですが
日本人は農耕民族で 時間を逆算しながら暮らしてきた歴史をもっとりますので 
時間には厳しいです はい
 


どーもすみません 林家こぶ平



ということで 今日は仕事のあと 来月から僕の足となる
先日オークションで落としてもらった 軽ワゴン 三菱ミニキャブを
見てきました!
なかなか程度もよくて 車屋さんにお任せしてよかった!
と思える車でした
コーヒーをどんどん運べるように頑張らなくちゃ


そして あと1ヶ月で・・・さよならになるね


少し寂しいなぁ
じゃあねピース

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

チェンジ!

 ということで チェンジしました 車が故障してしまい しかも他の箇所をなおしたトタンの故障

記事を読む

燃えたよ

 今日は休み明けでした しかし今日はとっても忙しく 燃え尽きたあしたのジョー です まるで

記事を読む

no image

見えてきた

 ゴールが見えてくると トタンに疲れがでてくること そんなことありませんか? ということで

記事を読む

no image

たけのこの里

今までほんとに毎日 お酒を飲むことが当たり前の日常から 手術をして 週の内に何度も休肝日をとらないと

記事を読む

no image

豊かさ ってなんだろ

昨日 嫁さんと最近どうしてこんな凶悪な犯罪が日本で増えているんだろについて 話してた確かにインターネ

記事を読む

炎の達人

僕は高校を卒業した後 すぐに就職しましたが  1つの仕事を永く続けることができず転々としていました

記事を読む

no image

いざっ!

 走るから渇くのか 渇くから走るのか さぁ 今から書くぞ 年賀状! 毎年 宛名と住所と一言

記事を読む

no image

わしもかんがえた

 ICEコーヒーの相場がぐんぐん上昇している これ以上はなんとも意見できないので このこと

記事を読む

no image

四字熟語

 暇なときによく四字熟語の辞典を読むのですが 新たな発見があったりしておもしろい 例えば 

記事を読む

天神さん

  僕が新しく出店するまち 天神町 てんじんちょう と読むと思っていましたが調べてみると

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったよ

コーヒー豆って腐ったりするの?

今日は起床時間に起きようとしたのですが、連休前からの疲れがでてきたのか

大阪・谷町4丁目に島珈琲のコーヒー豆が飲めるカフェができます!

さてさて今回の記事は、島珈琲社会貢献部のお話。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑