*

歳月

公開日: : 感謝!!

 8月12日のよみうり寸評に書いてあった 日航機墜落事故から四半世紀が経つと
事故から、きょうで25年。四半世紀の時が積み重なり、遺族の胸に去来するのはどのような思いだろうか。美谷島さんが、最近出版した「御巣鷹山と生きる」(新潮社)に書いている◆〈人は悲しみに向き合い、悲しみと同化して、亡くなった人とともに生きていく〉
これを読んで 心に電気が走るような思いになった
叔父が自殺に近いかたちでなくなってからもう六年の月日が流れた
方々から借金をし 最後ポッケには300円くらいだったかな・・・
箕面の山中 自分の経営する個人タクシーの中 
誰か警察に通報してくれたんだろう 悲しみと借金を残して
息を引き取っていた
僕は叔父に一度だけむちゃくちゃに怒った
優雅な生活を営んだあげく借金で呆然になった叔父は
自分を見失っていたので 自信を取り戻してほしいがために
もう一度這い上がってほしかったから 
僕は怒った
僕を知っている人は僕が罵声をあげて怒ることなど想像できないと思う
歳月がながれゆくなか 時々のよどみで身をとめ
その光景が水に反射される風景のように思い出される
そしてその言葉が叔父を殺してしまったのではないか と
「人は悲しみに向き合い、悲しみと同化して、亡くなった人とともに生きていく」
叔父は僕に生きる源泉を与えてくれている
死んでいった叔父のためにも 自分は頑張らなくては と
亡くなった人とともに生きていくんだ
毎年この時期になるといつも立ち止まってしまう
しかし 書いて気持ちに整理がつきましたので
この夏もがんばっちゃいます! 
いつまでも沈んではいられますまい!
13日から16日まではカフェBeは夏期休業です
15日の日曜日 豊中の島珈琲は通常通り営業しております

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島野菜 島園芸

 島野菜 島園芸 島工務店 島人生相談所 そして島珈琲 隠れた屋号を4つも持つその実態は!

記事を読む

no image

身にしみるのは

 4月12日の月曜日 カフェBeを休ませてもらいます と言って 身にしみたのは人の心の温か

記事を読む

飲んだ

 今日は飲んだ いや今日「も」飲んだ かも知れない でも今日のお酒は最高に美味しかった 普

記事を読む

no image

酒よ

 なぁ酒よ お前には わかるか なぁ酒よ 疲れをお酒でごまかしていることもある このブログ

記事を読む

日曜日だけの営業でやっていけるのですか?

プロローグ コーヒーの事以外で一番多い質問は、岡町本店が日曜日だけの営業でやっていけるのですか?と

記事を読む

COFFEE

 COFFEE と書いてあります いい香りが漂ってきそうな素敵な色紙です! ありがとうござ

記事を読む

スペシャリスト

当然 そうあるべきだと思うが なかなかむずかしいことだと思う 高校生のころよく聞いていた歌 尾崎豊の

記事を読む

ただいま戻りました!

皆様のおかげで 3日間ゆっくりと家族が過ごすことができました あいにくのお天気な日もありましたが 娘

記事を読む

サービスって、実はさりげないもの

プロローグ 島珈琲は コーヒーを通じて人の幸せに貢献すること コーヒーを通じて暮らしの

記事を読む

でた!

 でた! というよりも出来た 昨日 「cafe Be」の看板 これで目立つはずだ! 今日 

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑