*

経営

公開日: : 縁は異なもの 味なもの

 最近 カフェをオープンさせる方 したい方の相談をしばしばうける
このご時世なので正直に言うと ほんとに厳しいです
僕がお商売が下手のせいもありますが・・・
ですが 夢をもっておられるかた そしてそれを行動に移し
夢を実行している姿を見ると 「もうやる」と決めたのなら
その方々を応援したい
自分が経験してきたすべての事なかで 
同じ失敗を繰り返すことのないように
何かをお伝えできたら なんて思っていますが
その方々と話していると 自分がなんだかえらそぶってるみたいで
いやだなぁ~なんて思う事もあります
自分なんてたいしたやつでないのに・・・と
いくつか僕が胸に思いをもってきたものをあげるならば
自分の満足より お客様の満足 感謝される仕事を目指すこと
経営は理屈が先にあるのではなく まず歩きだして
歩きながら考えるもの
経営の基本は「前例を検討しベストを考える」のではなく
「前例をやぶること」にある
そして 決してへこたれない起業家精神
これが必要だと思っています
ときどきへこたれたかったけど それはお客様と夢がゆるしてくれませんでした
リスクは大きいけど いろんな喜びが今までより倍に感じることが
たくさんたくさんあります
無責任なことは言ってはならないけども 
夢を持つことがさびれてしまったような世の中ですが
何かに目指して 共に歩いていきましょう!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

取調室

調べの結果 わかったこと 人もお金も大事にしているところに戻ってくる 誰かが言った言葉を思いだした

記事を読む

一目惚れ

 今日は一日 ぼんやりする予定でしたが どーしても詰めて おきたいことがあったので やっぱ

記事を読む

トントンレミーのフランスパン

  八尾市にある ブーランジェリー トントンレミーさん のレミーシェフが 島珈琲のコーヒー

記事を読む

no image

ヘアーポテンシャルNOAH さんに行ってきました

いつも大事な何かを忘れてくる・・・そう 写真なのです どうしてなのか僕は写真を撮る ということが実に

記事を読む

どやさ どやさ!

 今日は三重からスマイルファクトリー代表の濱地さんとお会いしました 先日の日記でも書きまし

記事を読む

高槻市公民館のコーヒー教室ご依頼お受けしました!

やっぱり人だなぁ、とつくづく思いました。   高槻市内にある五領公民館の担当の

記事を読む

男のド根性

 おもい~こんだら 試練のみちを~ ゆくが~おとこの~ ド根性しまこーひーです こんばんは

記事を読む

なるほどがいっぱい カンカンセミナーに行って来ました!

TANPAN COFFEEがいよいよ昨日スタートしました。 受付のスタートを聞いてなかったので(笑

記事を読む

no image

すすむ

  すすむ といえば なんでかフラメンコの堺すすむ氏 最近みてないなぁ すすむのは すすん

記事を読む

高槻地場野菜

 カフェBeの最大のイベント と言えば大げさか ありがとう祭りまで あと一ヶ月 段取りや連

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑