*

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

公開日: : coffee

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている
野菜を売りたい
農家の人が大切に育てた野菜を直売するマーケットを作りたい
僕の最後のさいごのゆめはコーヒー豆屋をしながら農業をすること
ハワイ島でコーヒー栽培の経験から 農業は楽しいことを知っている
もちろんそれは上っ面だと思う 農業は奥が深く 一筋縄ではいかない
安易に考えてはいけないのもわかっている
でもなんと言おうと「夢」は「夢」なのだ
追い続けたいのです
ということで 
それを実現するためにはまず販売できるところを作るべきだと考えた
そしてこの間セミナーを受けた
やるきになっている 
こつこつと 次のお店のために一所懸命貯めてきたもの
この事業にかけてみようと9割方腹が据わってきた
この事業を立ち上げるのにはコンサルに入ってもらうので
投資もかなりになると思う
しかし だ
強いては農業の活性化 
農家から直接仕入れたいいお野菜をお客様に食べてもらえる 
それから施設の障害のもった方がお仕事が増える
などなど たくさんたくさん社会貢献ができる
ついでに野菜を買いに来られた方が ちょっとカフェをしてもらう
そして美味しいコーヒーがあることを知ってもらう
いいじゃないですか!
「お金を動かせば財産ができる」
ほんとの財産とは 地位とか名誉 金品や所有物で計られるのでなく
人間関係の豊かさ 心の豊かさだと思う
その財産を増やしたい
まだ計画の段階ですが かなりやる気になっています
コーヒーと野菜で頭の中がいっぱいだ

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

絵心

 ないなぁ~ と 昔から思っていました 学生のころ 美術の時間が大嫌いだった 人生とは後悔

記事を読む

溶けた氷の水で薄まらないアイスコーヒーを作るのは、どうしたらよいか?

さて、大阪は暑く、夏の入り口にさしかかったそんな気候が続いています。 朝晩は比較的過ごしやすい気温

記事を読む

コーヒーの粉は冷凍保存でどれくらい持つのか?

プロローグ コーヒー豆を粉にしたものを購入しました。 保存はどうされていますか? &nbs

記事を読む

ペーパーはタッパーで

 ほんとは昨日書こうと思っていた記事なんですが僕はブログの記事の書きためすることはせずその

記事を読む

有名店のコーヒー

 豊中を中心に有名なイタリアンリストランテ 豊中岡町にある エルバウデコラシオン様こちらの

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

コーヒーメーカーで美味しく淹れるコツはあるの?

今年は例年よりも秋に入って行くのが、はやいように感じるの僕だけでしょうか。  

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

ドリップをしていていつもと違う!その原因は何?

プロローグ このブログはお客さまに質問を受けたことを取り上げることが多いです。その場だとどうしても

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑