*

友よ

公開日: : 未分類

 

君とはじめて出会ったのは 中1になる春 


たしか数学の個人塾だったよね


 


二人しかいないその時間は勉強するよりも


いたずらしたり遊んだりしてる時間が多く


先生もあきれてた記憶があるけど そうだったよな


 


振り返れば君の人生は波瀾万丈で 


思い起こせば一編の小説を読むような 


そんな感じです


 


君とじんちゃんと僕で 近隣センターでたむろし


缶ビールをいくつも飲み干し 夜を語ったあの頃


 


歳月が経てど 話している内容も


やってることも昔のままで


僕たちはなんにも変わってないね


 


あるとき些細なことで お互い変な意地をはりあい


疎遠になりかけ 仲間たちをヤキモキさせたことも 


つい昨日のことのようだね


 


昨日 君からもらったメールはとても君らしくなかった


 


母の命のために 肝臓移植を決意した君


入院日が決まったと


 


余計な勘ぐりかもしれないけど


死の恐怖と対峙してるんだと思いました


 


僕ら誰もが成功すると信じ切っている


 


当事者の気持ちだって痛いほどわかる


形は違うけど 僕だっていろんな経験をしてるから


 


 


どんな言葉をかけても


それは気休めにもならないこともわかっている


 


ただ、君の仲間たちは また君を囲んで


酒をくらいながら バカ話をして


いつものように楽しく夜を過ごしたい


と願っている


 


自分を見つめる時間を超越して


ひとまわり大きくなった君に乾杯できるように


君の仲間たちは祈っている


 


 


 

友よ きこえるかい

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

過去を悔いるとき

 3年ほど前に 機械に手を巻き込まれ 手首を骨折しました 梅雨の湿気のせいか 今になって 

記事を読む

沈丁花

自転車をこいでいると 花の香りがところところで 心を気持ちよくさせてくれます 花のことはよくわかりま

記事を読む

素の建築

 昨日の日記に書いた 僕の目指す人の中の一人 建築家の竹原さん 島珈琲を立ち上げた当初から

記事を読む

no image

みなさーん!

 疲れてませんか? 施設の職員さんなど 僕のまわりの人を見ていると 風邪をひいたり 熱をだ

記事を読む

R.F.ケネディの言葉

 若さとは人生の一定期間ではなく 心の状態であるそれは意志の強さであり 創造力のたくましさ

記事を読む

no image

オー vs オー

 おうたい 【応対】 (名) スル 相手になって受け答えをすること。 「電話の―が上手だ」

記事を読む

カメラ わすれちゃった

 今日はcafe Beに物販用の家具と作業カウンターをいれてルンルンなのですが その写真を

記事を読む

no image

ドナドナ

 今日 愛用していたバイクを売った 高校時代からバイクから離れた期間はほとんど皆無だったけ

記事を読む

山よりも高く 海よりも深い

 今日は 御通夜にいってきました 彼は二十歳で旅立ちました お父さんとお母さんの思いを聞い

記事を読む

ミラクル

 ホットニーヒューストンの「ミラクル」という曲が大好きだ 僕らが高校生のころ 1990年代

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑