*

story

公開日: : 感謝!!

 昨日 カフェBeのコンサートは御陰様で 大盛況を頂き終演しました
ご来店頂きましたお客様 ならびに演奏者の皆様 
当日の運営にご協力頂きましたスタッフの皆様 
ほんとうにありがとうございました
アコースティックギターのデュオの演奏が30分
ゴスペルの演奏が30分 
1部1時間 充実した内容の濃い時間を
お客様に楽しんでもらいました 無事に終りほっとしております
各演奏者とも1部2部の曲目は違ったのですが
1部の後半 ゴスペルグループの方がアカペラでstoryを
歌いだしてから間もなくのこと
あるお客様が目を赤くし 止めどあふれる涙を
何度も何度もハンカチでぬぐう姿がキッチンにいる
僕の目にとまる
何を思い 何を思い起こし 泣いているのかわからないが
その曲を聴くと 心に沈殿していたなにかがこみ上げ
涙を流さずにいられなかったのだろう
その光景になぜだか僕ももらい泣きしそうになった
と同時にその方の泣いている姿がすごく綺麗にみえました
コンサートは笑顔で楽しいものと固定観念を抱いていた僕に
音楽の素晴らしさと音楽の力に 改めて感心させられた一幕だった
素晴らしいコンサートになったこと たくさんの方に感謝したいです
誰かのstoryの一ページになるような
そんなコンサートをこれからも続けていけたらと切に思いました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

首都高に散った

  世界チャンプ を読み終えた 今日 これで3回目なんだけど 毎回 この本に吸い込まれる

記事を読む

no image

ニワトリカ?タマゴカ?イヤ オレイガサキダ!

 明日のカフェBeの開店時間は 午前10時からとさせて頂きます 明日はイベントで販売するの

記事を読む

no image

さて 行きまっか!

 今年 一発目の日記であります 皆様 あけましておめでとうございます 今年ものってるかーい

記事を読む

ただいま戻りました!

皆様のおかげで 3日間ゆっくりと家族が過ごすことができました あいにくのお天気な日もありましたが 娘

記事を読む

ますます岡町本店

昨日より今日 今日より明日 去年より今年 高槻店 おかげ様で開業より1年半が経ちました まだまだアマ

記事を読む

no image

福祉とは

 何か?と言われれば 僕にはわからない それを勉強してきたわけでないので・・・と言えば言い

記事を読む

つながり

 今日はカフェBe閉店後 社会福祉法人「つながり」のサニースポットさんに お邪魔してきまし

記事を読む

ROUTE271の船井さん

 日曜日は早朝に高槻店で車にコーヒー関係の荷物を積み カフェBe店によって事務処理の仕事を

記事を読む

no image

1周年

 毎日毎日僕らはてっぱんの~ まいにちまいにち お酒をの量を減らさなければ・・・ と思いな

記事を読む

僕が14年お商売をやってきて大切にしていること

    島珈琲のシールやパッケージに「2002」という数字を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑