*

下弦の月

公開日: : 日々他愛のないこと

 この言葉を見た時に 「月の船」のような形だろうか?
と思った
22日23日あたりの月 満月から新月に至る中間頃の月のことを指すらしく
ちょうど今宵はころあいの月かな
日本語にはほんとに奥深く綺麗な言葉がある
昔の本を読んでいると出会いが多い
夏目漱石は言葉をちぢめるのが好きだったらしく
「牛耳を執る」「弥次を飛ばす」を「ぎゅうじる」「やじる」
とはじめてつかったのは漱石だった と書いてあった
歳をとったせいか 
たまに言葉を縮めた意味不明な新造語をみたり聞いたりすると
不快感と言うより 残念な思いに駆られることがある
グローバル化になっていくのはいいけども
母国語を見直すのもまた必要なのではないか
ちょっぴり思ったしだいで御座います
そういって自分も知らず知らず使ってたりしてるんですよね
意味不明な新造語を・・・
なんだかえらそうな事書いてすみません
と書きまして その後 ご指摘を受けました
今日のは、満月に向かうお月様です と
ありがとうございます 大いなる勘違いでした
勘違いから学ぶことも また学び
無知であることを認識し 向上していきます
いやしかしお恥ずかしい限りです
俗に、月の上半分が輝いているのが上弦、下半分が輝いているのが下弦と言うことがあるが、誤りである。そもそも、同じ月相の月でも、昇った直後と沈む直前とでは上下がほぼ逆になる。
とwikiで調べると書いてありました
反省です

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

チェンジ!

 ということで チェンジしました 車が故障してしまい しかも他の箇所をなおしたトタンの故障

記事を読む

着々と

 元来 どちらかというと  石橋をこれでもかっ!いうくらい叩いて渡るタイプで 叩きすぎてヒ

記事を読む

明日のショー

 お世話になります しまこーひーでございます 明日 豊中岡町 コーヒー豆売り専門店の島珈琲

記事を読む

人は結局 迷いながら生きている

くどいですが今月の15日 1ヶ月ぶりに休日を とれるとあって 目の前にゴールが見えると 疲労感と

記事を読む

成熟した人

 成熟した人とは 自分の気持ちや信念を表現する勇気と 相手の気持ちや信念を尊重する思いやり

記事を読む

復活です!

 超アナログ人間の僕ですので パソコンを持ち歩くということができません というか わかりま

記事を読む

no image

ボディブロー

 親の意見と冷や酒は 後から効いてくる 昨日はとても忙しかった とてもしんどかった が 今

記事を読む

ピッチをあげて

最近 娘がニコッと頻繁に笑うようになりました 家に帰り 娘を見ると 娘はニコッとしてくれます 僕の元

記事を読む

no image

夜と霧

 ヴィクトール フランクル 「夜と霧」をもう一度読んでいる だいぶ前に読んだのですが 何度

記事を読む

no image

いつものスタンド

 いつも行くガソリンスタンドがあるのですが そこは特にガソリンが安いわけでもないのだが と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

→もっと見る

PAGE TOP ↑