*

ジャネーの法則

公開日: : 日々他愛のないこと

 今日の毎日新聞の「余録」に僕にとって興味深い文があった
以下拝借
———-
時間の感覚は人と場合によりさまざまである。感じる時間の長さは年齢と反比例するという経験則「ジャネーの法則」の真偽を調べた実験もある そのうち3分間の長さをあてる実験では、平均2~4歳の加齢ごとに約1秒ずつ短く感じるとの結果も出た。人間は時計や歳月で示される時間とは別の、心の時間をも生きているのだ(一川誠著「大人の時間はなぜ短いのか」集英社新書)
———–
信号を待てない 歩くエスカレーターがある
関西人が苛ちなのはきっと 感じる時間の設定が
遺伝子の時から短いのだろう
などと くだらないことを思った
ついでにジャネーの法則をウィキで調べたらこんな事が書いてあった
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
光陰は歳を重ねるごとにはやくなる と この間書いたけど
ちゃんと法則があったんだね 勉強になりました
最近 お客様から「ブログ読んでます」とよくお声をかえて頂きます
包み隠さず本音で書いているので なんかこう 秘密を握られてしまった!
ような こしょばい感覚もないわけでもないですが 嬉しいです
これからもぼちぼち書いていきたいと思います
島珈琲が皆様に支えれていることに感謝です 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ヤング アット ハート だ!

いろいろな情報を見ているとカフェやコーヒー自家焙煎店の新規出店がめざましい僕がはじまたころはどちらか

記事を読む

ラーメン食べたい

 矢野顕子さんのそんな歌があったようなぁ・・・ コーヒーシロップの仕込みが今 終了しました

記事を読む

no image

ギャラクシーエキスプレス

 ギャラクシーエキスプレス999 仕事を終え ほっと一息 ゴダイゴの歌を聴いた ほんとにこ

記事を読む

no image

何か書かなければ!

と思いながらこんな時間になってしまった! 自分自身をもっと進歩させ 深化させたい どうすればよいか?

記事を読む

個人商店にできること そしてその魅力

 今日はカフェBeはスタッフにお任せし 島店長はお休みを頂いています すこしやわらいだ陽射

記事を読む

お風呂でブログを書く意味を考えた

今朝は5時に起床して 自転車で高槻店まで通勤 朝の風は心地よく まさに「三文の得」を得た気分に なり

記事を読む

耳を傾ける心遣い

ある本を読んでいて 豊な心とは 人生のすべての分野で与えることができること あなたの心遣いを与えてく

記事を読む

あなたはあなたのままでいい

 経営はスピード と僕は思っています僕みたいな個人事業で資金もない場合お金をかけずに効果的

記事を読む

大丈夫ですか?

 僕の周り多くの方がご存知ですが 僕には休みがありません 今日も 僕の後輩にあたるコーヒー

記事を読む

原始的に

 看板を作ります また自分で彫刻して作ります 下書きするものをパソコンから出力し その文字

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑