*

汚れちまった悲しみに

公開日: : coffee

 得てして僕の日記のタイトルは 
日記の内容と関連性がないことのほうが
はるかに多い
今日もそう 中原中也の詩のタイトルがそれを見たときに
ふと思いついただけで 日記の内容は中原中也の詩とは
全く関係ない なんてこったい
上記 「それを見た」 と書いたが何を見たかというと
焙煎機のダクトの汚れを見たのだ
焙煎機のメインテナンスをした
たまには焙煎屋らしい日記を書いておかなくては
バッタもんの焙煎屋と思われると困るので
今日はコーヒーのことを書いておこうと思います
焙煎の技術論はいろいろあると思うし
焙煎される各々の考え方があって
その人の数だけ味があると思います
焙煎機をつくるメーカーによっても違うし
焙煎機のタイプによっても全然違う味作りになる
ただ一つ言えることは 味作りを論じる前に 技術を論じる前に
焙煎機の掃除 メインテナンス が大前提あってだと思う
味作りの上で掃除の大事さを特に感じるようになったのは
30代に入ってからである
昔 先輩(コーヒー業ではない方でしたが)から
「島君 機械の音をちゃんと聞いておけよ 
機械の音だけでも いろんなことが判断できるからな」
と言われていらい どんな機械でも調子のいいときの機械の音を
しっかり記憶しておくようになった
音は正直で 不機嫌なときはシグナルをだす
それをキャッチし 事前に対応しアクシデントを回避する 
先輩の言った言葉の意味の大きさを知る
近頃 焙煎機の送風ファンの音が鈍かったので
ダクトをばらし ファンの掃除をしました
案の定 コーヒーの油分 クリンカーが付着しており
風の流れ 煙の流れが悪くなっていた
僕の焙煎するコーヒーの味が ほんの少しだけ
くすぶったような感があったので 原因はわかっていたのだけど
休みがないという事を理由に なかなか掃除に着手しなかったことに反省
掃除のあとのファンが回る音は軽くなり
風の流れもよくなった
焙煎機が喜んでスキップでもしそうな 軽快な音をハミングしている
どんな技術も 掃除とメインテナンスの礎があってこそ
今日はそのことをまた認識した一日でした

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

新規立ち上げ カフェ会議

関西のお中元の時期は もともと7月15日から8月15日の 間となっています 近年早くなってる傾向です

記事を読む

この粉の量 3日くらいで飲み干してしまうけど、それでも冷凍保存がいい?

昨日は島珈琲の通信販売ができるホームページのちょっとリニューアルのため、僕のサイトを制作してくれてい

記事を読む

手提げバッグ

 最近 忙しいのは忙しいのですが 忙しいだけが理由でなく 日記が書けてない毎日なのですが 

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

コーヒーギフトのパック詰めは、出荷当日行います!!

プロローグ 僕にしたら当たり前のことなんですけど、ひょっとしたらあまりご存じないかもしれないと思っ

記事を読む

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ 今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこう

記事を読む

今年はコーヒー豆の当たり年?ブレンドの味わいの調整のお話

さて、金曜日は奥さんお休みで一人営業の日です、ワンオペ。   岡町本店でのお話

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明

記事を読む

産地によって違う味わいをどう表現するか

来週の3月5日月曜日、高槻市五領公民館でコーヒー教室を開催します。   その中

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンに

→もっと見る

PAGE TOP ↑