*

おおきに おおきに まいどおおきに!

公開日: : 感謝!!


 今年も皆様には ほんとうにお世話になりました
島珈琲はアクションな年なので 是非ご期待ください!
新しいホームページもついに完成し http://www.shima-coffee.com
年明け早々から新しいお店の物件探しを本格的に行います
新店に導入するはるばる海を越えてやってきた
イタリア製エスプレッソマシーン グランダー
豆売り用のドイツ製超高速カッター グランダーを
すでに手に入れて 用意は着実に進んでいます
皆さんのご期待以上のお店をできたらいいなぁ~と
思っていますが なにぶん 予算の関係があるので頭を悩ます毎日ですが
世の中に厳しい風が吹いていようと 進む道がいばらの道であろうと
笑っていこうじゃないか!
来年も皆さんに幸せが沢山たくさんありますよう願って
本年度の日記を終了させて頂きたく思います
さぁ来年ももうすぐ 
はじまるよ!(しまじろう風に♪)
皆さま ほんとうにほんとうにありがとうございます!
(これからもありがとうですので あえて過去形にはしませんね)
じゃあねピース手(チョキ)
1月4日 日曜日から通常通り毎週日曜日のみの営業となります

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 長くお付き合いのあ

記事を読む

タイガーアイ ホークスアイ

  今までこうしたものの力をあんまり気にしていなかった パワーストーン 嫁さんからクリスマ

記事を読む

スタッフ

岡町本店は僕一人で切り盛りしていますが カフェBE店  それに高槻店で母と嫁さんが手伝ってくれるのも

記事を読む

うえはら鍼灸整骨院

 今日は帰りにカフェBeの近く 高槻・氷室町の うえはら鍼灸整骨院さんで肩をほぐしてもらい

記事を読む

no image

充電そして疾走

 中学とき 陸上部で中長距離ランナーとして頑張っていた 後ろを振り向かず ただただ前へ前へ

記事を読む

島珈琲のやぼー

  野暮ではなく 野望である 今回 アイデムさんに募集広告をのせ  ほんとにたくさんのご応

記事を読む

僕がPOPを書くときに気をつけていること

プロローグ このブログは誰に向かって書いているのかというと、僕は島珈琲を愛してくれているお客さまに

記事を読む

no image

あったまろ

最近どーも忙しさにかまけて いろんなことをおざなりにしていた 自分のことで精一杯で 周りが見えなくな

記事を読む

スタンプカードなんていらないから続けてくださいね

今 僕の1週間のローテーションは 火曜から土曜日は 高槻店で営業 高槻店は日曜 月曜が定休日 日曜は

記事を読む

心のあり方って大事ですよね ~7月26日火曜日は高槻店臨時休業します!~

とにかく何もわかってなかったんですね。   島珈琲を開業したのは2002年、僕

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑