*

点検と改良

公開日: : 感謝!!

 今日は 久々のホリデーです
マドンナのホリデーの鼻歌など歌い ご機嫌である



鼻歌を歌うと言う言葉 頭痛が痛い と同じような間違った使い方なのか?
と思い 鼻歌しています



盆休みにしようと思っていたのですが 今日は焙煎機のメンテナンスを
してしまいました



技術の母は掃除と点検 
技術を語る前に 機械の掃除していないとそれは意味をなさないと
思っている



前々から掃除しないと・・・と思っており 味にも影響が出始めて
きましたので 今日は機械のメンテナンスと少し改良を施しました



焙煎はバランスなので ある箇所だけのパワーを上げ改良しても
バランスが崩れるだけなんで 気をつけないといけないのですが
見たところ問題なさそうだ



次の焙煎に期待大である たぶんいいのが出来ますよん



前職 マツモトコーヒーの社長は
「焙煎機は煙突の先までを焙煎機と言うんや」と
メンテナンスの大事さを口にしていた



焙煎の師匠の一人 神戸トアロードの樽珈屋さんに
今回の改良を以前に教えて頂いてました



お二方のお言葉に感謝 


 


今日はこのあと 河川敷をランニングして
なじみの飲み屋で ビールしましょか
今日のビールもたぶん格別だ ええ一日です 感謝!

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

昨日 新規出店のご相談を受けて思った事

プロローグ 昨日は夕方に新規出店のご相談を受けました。喫茶店をされたいということでご相談です。

記事を読む

俺が死ぬときはコーヒーに溺れて沈むときだ!

プロローグ コーヒーが好きです。 掘り下げるなら、コーヒーの焙煎が大好きです。 機械とにらめっ

記事を読む

じゃあ また

いつも僕が参考にさせてもらっている コンサルタントの藤村氏のブログに こんなことが書いてありました

記事を読む

満員御礼!

ありがとうございます スタッフ中村のコーヒー教室 おかげさまで定員に達しました よかったね と中村に

記事を読む

あゆみ

今年3月には 島珈琲を開業して11年目を迎えます 自営業をはじめて これこれ11年が経ってしまいます

記事を読む

恋するビジネス

プロローグ 先日、高槻土室にあるケーキ屋さん パティシエ・コータローさんへ嫁さんのバースデーケーキ

記事を読む

忙しいときほどよく見えて よく気づく

こんにちは 焙煎アーティストです 早朝から焙煎を沢山させて頂きました 発送の注文が多くなりあ

記事を読む

no image

人を動かすのは 熱意だ!

 今日 三重で有機栽培・無農薬栽培の農産物を取り扱う スマイルファクトリー 濱地さんと電話

記事を読む

商は笑なり

明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します 皆様がこの一年 健康でハッピーであり

記事を読む

次は岐阜ですわよ♪

  熊本に続く第2弾 次のしまこーひーの舞台は 岐阜であります そのお店は6月23日オープ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

→もっと見る

PAGE TOP ↑