*

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

公開日: : coffee ,

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明をするときには、生活にある身近なものと比べたり、例えたりするとお客さんによく理解してもらえます。

 

最初からそれは出来たわけではなく、お客さんの会話から自分の言った言葉にハッとしたり、何気なく言った言葉にお客さんがハッと気づきがあったり。

 

そうした経験を積み重ねていくと、生活あるものをただあると思ったり、見過ごしたりするのではなく、よく観察したりなんでだろ?と、よく考えるクセが身につきました。

 

すると、いろんなものと置き換えて、コーヒーの説明ができるようになってくるものなのですね。

 

もちろんまだまだ観察や考えることは続きます。
これは一生ですね、勉強や頭を良くする努力は、日常のどんなシーンからでも出来る、だから常に考える。

 

これが頭を良くしていく為の日常での意識かな、なんて思っております。
さてコショウの話でしたね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コーヒー豆の挽き方で変わる味わい

 

とまず、コーヒー豆を粉にするときいろんな挽き方がありますが、中挽きとか細挽きとか粗挽きとか、あとは中細挽きだとか、これによって味わいの変わり方を簡単に書きますね。

 

まず細挽きとは、読んで字の如く、細かく砕くこと。
豆を細かく挽くと、表面積が増えます。
増えるということは、お湯と接触する面積も増えるわけで、コーヒーの成分が多く抽出されることになり、粗挽きや中挽きに比べると濃い味わいができるということになります。

 

というとは、表面積が減っていけば、味わいは「薄くなる」に近づくということになります。

 

じゃあ細かく挽いて粉の量を少なくしたら経済的じゃないか、と思いますが、細挽きにすると抽出されて欲しくない味わいがでることもあり、じゃあ細挽きに、という簡単なことではないのですね。

 

簡単に書くと、細挽きは濃い味わい、粗挽きはやや薄め、中挽きと中細挽きはその真ん中、こんな感じで覚えるのがいいかと思います。

 

それをコショウで例えたら

 

ブラックペッパーやホワイトペッパーなどがあるので、一緒くたにはできないのですが、ブラックペッパーをペパーミルで粗挽きにしたときと、ホワイトペッパーのいわゆるテーブルコショウですね、その味わいの違いってありますよね。

 

ペッパーミルで粗挽きにしたコショウはわりと大味というか、比べて細挽きにしているテーブルコショウは濃い目の味わいというか。

 

ホワイトペッパーですので、幾分優しい感じではありますが、割と濃く感じると思います。
香りの質も違いますしね。

 

って書いたけど、コーヒーとちょっと比べるには、ちょっと難があったかな(笑)

 

お茶でも抹茶なんか粉末にしているから濃いですし、細かくすると濃いその事をお伝えできたら、参考になるかなぁと思いましたが、すみません、自分の中で、ちょっと上手くまとまりませんでした。

 

コーヒーの挽き方、そしてコーヒーミルをどれを選ぶかでも、変わってくるのですね。
コーヒーはいろんなところで味わいが変化するので、ほんとうに奥が深いです。

 

僕でも今だにびっくりさせられること、多々あります。
表現の方法がまだまだですが、いろいろな生活の中シーンでの観察を続けて、皆さんに「なるほど」を届けられるように頑張ります!

 

ということで、コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べるのお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーにミルクと砂糖を足してどんな味にしたい?

プロローグ あなたはコーヒーをどんな風にして飲みますか? ブラック?ミルク?砂糖?それとも両方?

記事を読む

焙煎するコーヒー豆には皮がある、その二次利用とは?

プロローグ コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆についている薄い皮が熱によって剥がれてきます。こ

記事を読む

研ぐ

 いつも思う事は コーヒーの味覚だけを研磨するのでなく 美味しいといわれる料理店の料理やお

記事を読む

コーヒー豆、コーヒーの粉を家で保存する時に勘違いしている1つの事

袋を開けなければ常温で置いてても大丈夫? 答えはNOです!大丈夫ではありません!  

記事を読む

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑 野に咲く花のように~♪

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

お盆営業のお知らせとエスプレッソのアイスコーヒーのこと

本日、8月9日は娘5歳の誕生日。   5年前、早朝の病院で生まれたての娘を抱っ

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

コーヒーの豆・粉は一杯何グラムが正しいのか

大阪高槻は昨日から寒くなり、涼しくなりましたねーなんて言ってたのが急転、寒くなりましたねにお声かけが

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑