*

焙煎度合いの異なる同銘柄のコーヒーを飲み比べると、違いがわかる

公開日: : coffee , ,

昨晩テレビを見ていました。
それはアメリカの不動産の女王が、女王まで登りつめ、そして転落していくストーリーでした。

 

そのストーリーにも見入っていましたが、それよりも気になったのは、そのストーリーのタイトル「華麗なる転落」というその言葉でした。

 

エクスペリエンスマーケティング、略してエクスマの創始者である、マーケティングの師匠 藤村正宏先生からあることを教わったことを思いだしました。

 

タイトルを考えるときは、正反対の意味を持つような言葉どうしをくっつけるのもいいよ、とその様なことを言われていたのですね。
例えば有名なフランソワーズ・サガンの「悲しみよ こんにちは」とか。

 

この「華麗なる転落」も、一見結びつかないような言葉どうしが結びついていて、つまりそれは、人にインパクトを与えるということなんですね。

 

ブログのタイトルを付ける時に、それを考えてみるのもいいよ、という師匠のお話を思いだしたというお話。
ブログだけに関わらず、何かのタイトルを付けるときに参考になれば、と思ってちょっと書きました。

 

娘がテレビを見ながら寝てしまったので、娘の寝顔をも見ながら、テレビを見てそんなこと思い出しておりました。
さて、本題へ行きましょう。

 

こんにちは、焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

同じコーヒー豆で焙煎度合いの違うコーヒーを比べてみる

 

島珈琲では、中焙煎=中煎りと深焙煎=深煎りの2種類の焙煎度合いが違うコーヒー豆のラインナップになっています。

 

アイスコーヒーのブレンドだけは、もう1ランク上の焙煎度合いとなり、苦味を強調した味つくりをしています。

 

ラインナップを見てみると、ブラジル・コロンビア・エチオピアモカ、この3つが中焙煎、深焙煎の両方のメニューの中にあります。

 

それぞれ違うコーヒー豆のなのか、同じブラジルのコーヒー豆でも産地の違うものなのか、というと、そうではありません。
同じ国、同じ産地のコーヒー豆を使って、中焙煎・深焙煎とそれぞれ煎り分けております。

 

ですので、同じ豆で焙煎度合いが違うだけ、なのですね。

 

コロンビアでもブラジルでも、深焙煎に向くタイプ、中焙煎向くタイプ、と深く追求していけばあるのですが、コーヒー豆の置く場所の確保や、原料のキープなど経営的なことも含め、トータルで考えた時、はやり1種類の豆をそれぞれに煎り分けた方が良い、ということに島珈琲ではなりました。

 

なので、両方で力を発揮できる豆をチョイスしています。

 

常連さんから感想を聞きました

 

カフェBeに在駐していたときからのお付き合いで、ほんとうにありがたいですね、その常連さんが最近、焙煎度合いの違う同じ銘柄、ブラジルやコロンビアを購入していかれ、飲み比べてみた結果をお話してくれたのですね。

 

とってもわかりやすいって、言って頂けました。

 

コロンビアの中焙煎を飲み、また違う時にコロンビアの深焙煎を飲む。
同じ銘柄のコーヒーでもこんなに違うのか、って喜んで頂けました、嬉しいですね。

 

味覚は記憶なので、記憶が近いほど、その違いをはっきり知ることができるのですね。
おうちでは両方を一度に淹れて、飲み比べするということはあまりしないと思います。

 

ですので、コロンビアなど同じ銘柄で焙煎度合いの違う2種類のコーヒーを購入し、少し時間はあくと思いますが、そうした飲み比べをすると味わいの違いが知れて良いかと思います。

 

コーヒーの味わいはその差が分かりにくいかと思いますので、ここで紹介したように飲み比べに近い感じで、コーヒーを楽しんでもらえれば、違いもわかって更に楽しくなるのでは、と思っております。

 

機会があれば是非、お試しくださいね。

 

それでは、このへんで。
いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせでした。  

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

昨日は阪急宝塚線 中山観音駅 中山寺入り口のすぐにあるカフェ カフェ・ド・コクリコのマスターとママさ

記事を読む

いつも同じですか?

有名なコラムを書いている人が、コラムを読んでもらうために、面白くするために、こうすると良いということ

記事を読む

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ 営業中にセールスの電話が時々かかってきます。 電球の製造が打ちきりになって補助金がで

記事を読む

うまいコーヒーを焙煎するには!

今朝6時頃 高槻店へ向かう朝の風は涼しく これからもこの涼しい朝が続いてくれればなぁ~と 思いながら

記事を読む

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

美味しいコーヒーの味わいってどういう事を指すのか?

プロローグ コーヒーの味って分かりにくいですよね、何が良くて、何が悪く、どんな味の表現をしたらよい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑