*

人気のコーヒー豆はどれ?

最近、ゆっくりと音楽を聴くことが少なくなりました。
昔はオーディオが好きで、真空管アンプを作ったりしましたし、アンプやスピーカーにこだわって音楽を楽しんでおりました。

 

今、家にあるのは、ごく普通のステレオです。
ですがやっぱり音楽を聴くと、ステレオの質の楽しさもあるけども、改めて音楽っていいなぁって思ったり。

 

僕は若かりし頃、大槻ケンヂ率いる「筋肉少女帯」というバンドが好きで、今でも時々アルバムを出してきて聴いたりしております。
俺にカレーを食わせろ~の人ね、俺にチェリオを飲ませろ~って宣伝もあったかな。

 

コミックバンドのように思われている節もありますが、いやいやバンドの音楽性の実力は高く、そして大好きでした。
大槻ケンヂさんは文学が好きでご自身の出版物も多く、僕が読む本、選んだ本はこの方から大きな影響を受けました。

 

ということで、昨晩はこんな遊びを娘としました。

 

 


 

娘が最高に面白かったです、音楽っていいですね。

 

さぁ本題にいきます。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

人気のコーヒー豆はどれ?

 

すみません、僕、直感で生きている人間でデータを取る、ということはあまりしないのですね。
頭の中にはいろんなデータがあるのですが、それを何かに書き写したり、可視化するようにはしないタチなんですね。

 

ですので、コレが一番だ!というのは、たぶんそうであろう、というところになります。

 

お店によって人気のコーヒー豆は違いますよね。
なぜ違うのか。

 

個人店の場合ですが、その焙煎している人にも好みがあるのですね。
例えば僕はグァテマラが個人的に大好きです。

 

なので、このコーヒーの仕入れには無意識に力を入れてしまいますし、マンデリンも僕の中では譲れないコーヒーです、だからこれもおのずと良い品質のモノを選んでしまいます。

 

そうです、島珈琲のオススメはグァテマラとマンデリンなんですね。

 

 

 

 

オススメはと聞かれるとこの2つは安定して良いです、とお伝えします。
もちろん他の銘柄も、味わいをチェックしてその豆の最高の味わいにしております。

 

がしかしです。
やっぱり店主の好みがでてしまうものなんですね。

 

わからないことはどんどん聞けばいい

 

インターネットでもどこでも、正直コーヒー豆なんてどこでも買えるわけです、乱暴な言い方ですが。
それでも、わざわざお店に足を運んで来てくださっているんですもん、聞いてください。

 

バタバタしていて十分な会話が出来ないかも知れません、その時は申し訳ないです。
ただ僕としてはできるだけ問題解決になる糸口も、一緒にご提供したいと思っていますからね。

 

コーヒーに関係ないことが多いとちょっと困りますが(笑)、おうちで美味しいコーヒーを飲むことで疑問に思うことや、オススメのコーヒーなどもどんどん聞いてください。

 

それこそがお店で出来る、お店に来てくれた人だけへのプレゼントですからね。

 

もちろんメールでご質問も大歓迎。
でもごめんなさい、島珈琲のコーヒー豆を使って疑問に思ったことだけ、とそこは限定させて頂きますね。
どんどんご遠慮なく聞いてください。

 

ということで、島珈琲の人気のコーヒー豆はブレンド花、ブレンド風、そしてグァテマラ、マンデリンです。
話がじゃっかんズレましたが、今回は遠慮なくどんどん聞いてくださいね!という僕からのお願いのようなブログになりました。

 

おしまい。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

究めるコーヒー道!コーヒーを淹れるお湯の温度は何℃が良いのか。

プロローグ 仕事も大事ですが、最近は娘と遊ぶ時間をどう捻出するか、が僕の大きな課題になっています。

記事を読む

仕込みはオッケー!

  ということで 2日間にわたるコーヒーシロップ&カフェラテ小町の 無糖バージョン

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

ひとこと あるかないか で 人は変わる

ブログを移転して2回目 スマートフォンでは見やすくなったと思います スマートフォンとパソコンの画

記事を読む

実は喫茶とコーヒー豆販売用とでは 味のつくりかたが違う

プロローグ 先週は週末に風邪にかかってしまう事態に陥り 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました

記事を読む

ブレンドを合わせる美味しさの比率はどうやって決めるのか

プロローグ ブレンドとはそもそも何か? という所を簡単に書いてから本題に行きたいと思います。

記事を読む

島珈琲を開業して15年、コーヒーの状況はどう変わったか?

島珈琲を開業したのは、僕が26歳の時。 2002年3月29日でした。   開

記事を読む

島珈琲の野望Ⅱ

プロローグ 以前にもこんなタイトルの記事を書いたので、今回はⅡになります。笑 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑