*

日本で唯一人 焙煎アーティスト 島規之

公開日: : 焙煎アーティスト

先日、島珈琲の会計をお願いしている、犬飼会計事務所の犬飼さんとご飯をご一緒しながら、島珈琲の法人化について説明を受けておりました。

 

実は代表の犬飼さんとお食事に行くのは初めてで、もうかなりお付き合いが長かったのに、過去に僕がインフルエンザになってキャンセルがあったりして、これまで一度もありませんでした。

 

もうちょっと早くこうしたお話しする機会を設けるべきだった(法人のお話ではなくて)、と後悔したくらい、非常に刺激をもらえるそれとなりました。

 

いや、でも神様はいつも最適な時間を用意している。
このタイミングだったから、いろんなことが飲み込めたんだ、そんなことを思っていました。

 

法人のするかしないかの話はまた今度として、その時に久々にカウンターパンチ、いやクロスカウンターかな、超強烈な一発になる言葉を頂きまして、自分ってまだまだやったと気づかされた言葉があったのですね。

 

自分の殻を破れてなかったなぁと思った、お話です。

 

日本で唯一人 焙煎アーティスト 島規之

 

何度か書きましたが、焙煎アーティストは商標登録しているんですね。
ですから、日本で唯一人って言えるのは商標登録をしているからであって、何らかの資格ではありません。

 

この商標登録を取るきっかけは、ある期間とある方にコンサルティングをお願いしていて、「焙煎アーティスト」という商標登録をとって、お商売を軌道に乗せていこうという方法にしたのですね。

 

でも僕は自分ではアーティストっぽくないと思ってるし、日本で唯一人と言うなんておこがましいと思ってたわけです。

 

これはつい最近まで、思っていました。

 

しかし会計事務所の犬飼さんとお話いていて、「お客さんが、日本唯一人しかいない焙煎アーティストからコーヒー豆を購入したり、淹れてもらったりって、すごい嬉しいじゃないですか。」っておっしゃって、ガツンと殴られたような思いになった、というわけなのです。

 

お客さんのために、と言っておきながら

 

まだまだでした。
コンサルさんと契約が終わってからは、日本で唯一人の焙煎アーティストだなんて、なんか言うの恥ずかしいし、でも商標とったしお金かかっているからもったいないし、その程度の思いで使ってたんです、焙煎アーティストをね。

 

お客さんの目線でみたら、そうですよ。
唯一人の人が、そこでコーヒーのことを話ている、説明している、そう思えばお客さんはめっちゃ嬉しいですよね。

 

そこを僕はないがしろにしてました、大きく反省しております。

 

同じ業界の人の目を気にしていたのですね、無意識に。
無意識に心の底でおびえていたのです、「なんやねん、焙煎アーティストって!」と馬鹿にされることを。

 

アーティストという言葉が大きくなりがちだけど、焙煎アーティストの価値を決めるのは言葉の大きさではなく、価値はお客さんが決めることなんですね。

 

お客さんの目線になっていなかったなぁ、と、くどいですがすごく反省しました。

 

焙煎には当然、自信はあります、だから名乗る自信もあります。
もっともっとお客さんの目線を考えなきゃ、そんなことを犬飼さんとのお話から得ました。

 

たとえ商標登録してようがなかろうが、日本で唯一人の焙煎アーティストとして喜んでもらえることを考えなきゃいかんのだ、そんなことを思い一人熱くなっている僕、焙煎アーティスト 島規之からの想いのお話でした。

 

これからそんな「恥ずかしい」などと思わず、お客さんの「喜ぶ」に貢献しようと胸に刻みました。

 

そう自分の殻をやぶろう!

焙煎アーティスト 島規之

 

 

 

 

バイセン(僕のニックネーム)
仕合わせとは たったひとつの方法で得られる。
それは自分というものからの解放。
もっと広く、もっと大きく発信しよう!!

 

これはエクスマの創始者 マーケティングの師匠 藤村正宏先生から頂いた絵に、僕に向けて書いて頂いた言葉です。
今やっと腹に落ちた、そんな気がしてます。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎?ドリップ?コーヒーの味わいはどこで決まる?

プロローグ 昨日9月24日からマーケティングの勉強をするために、エクスマ塾に通いだしました。

記事を読む

水だしコーヒーパックで美味しい水だしコーヒーを作ってみた

プロローグ 今日はアイスコーヒー塾の開催日です。準備も万端。アイスコーヒーの飲み比べを中心に、アイ

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

朝コーヒーにバターを入れて飲むダイエットがアメリカでブームらしい

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   娘から風邪をもらってしまい 味覚

記事を読む

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで、ね。  

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

コーヒーの味わいの表現はむずかしい・・・参考にした本はコレ

実は僕、過去にバーテンダーを目指した時期がありました。 昼はコーヒー焙煎、夜はバー、カフェバーです

記事を読む

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑