*

美味しいは、甘い

公開日: : coffee ,

あまい口づけ 遠い思い出
夢のあいだに 浮かべて 泣こうか

 

「甘い」の字を見て、一番に思い出したのは、井上陽水の「いっそセレナーデ」
でも甘いバラード、ではないね、どっちかというと失恋の歌だね。

 

さて皆さんは「甘い」で何を一番に想像されましたか。

 

僕の中では美味しいと思うのはまず「甘み」を感じること。

 

美味しいは甘い 甘いは美味しい、ってなんだか綺麗は汚い、汚いは綺麗というシェークスピアのマクベスの台詞を思いだしますが、僕の中では甘みがある=美味しい ですが皆さんはいかがでしょうか。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です。

 

 

 

コーヒーの甘みとは?

 

野菜でも果物でも、天然の甘みって美味しいですし、天然のお塩でも甘みを感じますよね。

 

天然の甘みのあるお塩で、お造りを頂くと美味しいですし、鮮魚も美味しいものは甘みを感じますよね。

 

砂糖などの甘みではなく、そのものが持つ天然の甘みを感じるときに美味しいと感じるのは、僕だけではないはずです。

 

もちろん砂糖のが入ったお菓子なども美味しいですが、今回は天然の甘みが美味しいよね、というお話。

 

それはコーヒーにはあるのでしょうか。
皆さんはコーヒーを砂糖なしで飲んだ時に、甘みを感じること今までにありましたか?

 

意識しないと分からないことかもしれません。
コーヒーには天然の甘みが、と言われてもコーヒーは苦いモノと思っていれば、甘みがあるなんて露ほども思わないかもしれません。

 

ですので、コーヒーを口にするとき、砂糖の甘みではない、天然の甘みを意識してキャッチしてみてください。
そうするとコーヒーの世界がまた違って見えて来るはずです。

 

酸味と甘みは表裏一体

 

特に中焙煎(中煎り)の酸味のあるコーヒーは、分かりやすいかもしれません。
果物も酸味はあるけども、一緒に甘みもありますよね。

 

それと似た様な感じですね、中焙煎のコーヒーも。

 

酸味って酸っぱいと思う部分もあるけど、甘みも沢山感じますよね。
コーヒーの酸味は果物ほどではないにしろ、甘みは結構感じられると思います。

 

ただし全てのコーヒーがというわけではないので、ご注意を。

 

コーヒー豆のクオリティが高いモノに甘いモノが多いです。
鮮度管理や品質管理されていることも、大事ですね。

 

その条件が整っていれば、砂糖を入れた甘みではない、天然の甘みが感じられると思います。

 

島珈琲のラインナップで言えば、中焙煎のコロンビアは甘みが多いですね。
機会があれば是非、コーヒーの天然の甘みをお楽しみ下さいね。

 
甘みを知ることで、コーヒーを楽しむ世界が更に広がれば嬉しいです。
それでは、美味しいは、甘いのお話でした。

 

酸いも甘いも楽しめるのがコーヒー、ですね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

フレッシュをかえてみた

僕は焼酎はロックが好きだウーロンハイも好きですが やっぱりロックだというように コーヒーもいろんな飲

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

カフェで使える全自動コーヒーマシンを見てきました

昨日は月曜日ですので僕自身の定休日。 お休みの時間を利用して、なんと新潟からお客さんをお迎えし、ア

記事を読む

焙煎じゃないよ冷却だよ!

   冷却機でぐるぐるしているところを よく焙煎していると思われている方が多

記事を読む

フレンチプレスで水出しコーヒーをつくったよ!

プロローグ 先日、お客様から「フレンチプレスで水出しコーヒーって出来ますか?」と聞かれ、ボクシング

記事を読む

あの芸能人のコーヒー TANPAN COFFEE テイスティングでOKを頂きました!

10月18日は高槻店臨時休業を頂き、そうですあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんにお会いし、奥ノ

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

コーヒーの酸味とパインアメ

コーヒーは基本的に酸味と苦みで表現される大人の飲み物。   酸味と苦みとは本来

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑