*

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。

 

スパーリングもしましたので、殴られたその痛みも知っています。
拳が石のように重いパンチ、威力はそこそこだけどピンポイントに急所に当ててくるパンチ、それぞれでした。

 

そうした痛さは経験しないとわからないものですよね。

 

どんな物事でも経験を積めば積むほど、いろんなことが見え、いろんなことを知り、そしてそうした時にどんな気持ちになるかが分かるようになり、相手をいたわる優しさになっていく、と歳を重ねるとそんなことを強く思ってくるのです。

 

経験は優しさを育むものでもある、まだまだな僕ですが、優しくなる為にも経験を積んでいきたいなぁと思っております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

技術も大事だけど、優しい気持ちも大事

 

ドリップしている時に特に感じています。
心が乱れていると、やっぱり思った味わいにならない。

 

美味しいコーヒーが作るのが生業であるわけですから、もちろん技術や素材を見る目も大事。
プラスいつも心穏やかにして、優しい気持ちでいることも大事。

 

心の状態がその作るモノに反映されてしまうのですよね。
これはコーヒーに関わらず、ものつくりやどんなお仕事、そしてどんな物事でも同じだと思ってます。

 

そこに最高級の素材があったとしても、気持ちの入ってないドリップで淹れたとしたら、それって飲む人に何となく伝わると思うのですね。

 

精神論になってしまいますが、やっぱりその作るモノに対して、愛情や優しさって味わいを決めるキーポイントでもある、というのが僕の考えです。

 

ドリップに優しさを注入して

 

ただドリップするのではなく、そこに優しい気持ちを注入してみてください。
そうすると所作も優しくなると思うのですね。

 

所作とは、身のこなしやふるまいのことです。

 

お湯を落とすとき、ポットを回すとき、それぞれの所作が優しくなり、優しい味わいになると思います。

 

プロである僕は、その所作に優しさがあるように、常に心のコントロールができるように毎日努力しています。
どうしたらいつも穏やかな心でいられるだろうか、これは僕の永遠のテーマです。

 

だって人間ですもの、イラッとしたりムカッとしたりありますよ、僕も。
だけど、それは僕のコーヒーを飲む人には関係のないこと。

 

だからいつも心穏やかになるには、ということを考え続けています。

 

年輪という歳と共に重ねてきた、経験から見えてくる優しさもだんだんと備えてきましたが、でももっと優しい人間でありたい、と思っております。

 

美味しいコーヒーを作るために、まだまだ心の経験が必要だと思う島であった。完

 

ドリップで優しさをプラスしてみてくださいね!美味しくなるはずです!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

予算5000円!オススメのコーヒードリップポットはどれ

プロローグ 先日、スコットブレンドのご注文を頂きました、山形県米沢 小野川温泉 鈴の宿 登府屋旅館

記事を読む

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

ペーパーフィルターを濡らすのに意味はあるのか?

日曜日に先日テレビ取材を受けた放送が、近畿圏内でオンエアーされました。 知り合いや友人など見てくれ

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

ご存じですか!こんなドリッパーがあったのです

先日、岡町本店での出来事。   「島さん、ブログのネタにと思って、こんなドリッ

記事を読む

ハンドドリップでお湯の線を細くするのはなぜ?

ハンドドリップにおける技術的な話はつきないですよね。   器具の違い、ドリッパ

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

コーヒーをお湯や水で割るってどうなの?

プロローグ あなたはコーヒーをお湯やお水で割って、コーヒーを飲まれますか? 僕はあります。

記事を読む

これでOK!ドリップする時に注意を払うべきところ

プロローグ 島珈琲高槻店は喫茶はカウンター6席。 オーダーストップは17時。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑