*

マンデリンというインドネシアのコーヒーの魅力

公開日: : coffee ,

先日、島珈琲を見て頂いている税理士さんが、コーヒー豆を買いに来られてので、ついでにいろいろとお話をしてしまいました。

 

3月には確定申告もありますので、今後のことや現在の状況をなど含めて、税理士さんの視点でご意見を頂きました。
この先、法人化するのもひとつかと。

 

そんなアドバイスももらい、なんだか未来に面白いと思う新たな目標ができて、ちょっとワクワクしている僕です。
法人化とかはあまり興味のなかったことですが、状況に応じて柔軟に対応し変化していく、それが僕のモットーなのでその流れが来たら、逆らわずに流れに乗りたいな、と思っている僕です。

 

どうなるか、僕にもわかりません。(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

島珈琲のライナップに16年間変わらずにあるマンデリン

 

変化に対応することも大事、一途に変わらないことも大事。
要はバランスだと思うのですね。

 

変化にも応じて、でもブレない。
これ大事ですよね。
一見、正反対の様な2つに見えますが、どちらかだけでは物事のバランスは取れない、僕はそう思ってます。

 

なので心に柔軟性が必要ですね。

 

さて島珈琲のコーヒー豆のメニュー、そのライナップに16年間変わらずある1つがマンデリンというコーヒー。
昔から人気があって、独特の味わいがあり、その個性が魅力であり、支持される理由であります。

 

独特の味わいがあるので、好き嫌いもはっきり別れるコーヒーでもありますが、長年その動向を見てきて、マンデリンの独特の味わいが苦手と言われた方は、ほんの一握りかなぁと記憶を辿っていけば、そんな風に思います。

 

さてこの独特の味わいが多くの支持を集めるマンデリン。
島珈琲では、中深煎りと呼ばれるところの焙煎度合いで、ご提供しております。

 

マンデリンというインドネシアのコーヒーの魅力

 

このマンデリンというコーヒーは、インドネシア・スマトラ島が原産地。
なので、マンデリンをスマトラと呼ぶ方もおられます。

 

このマンデリンの独特の味わいは、他とは違う精製法から来ています。

 

スマトラウオッシュドと呼ばれる(はずです)他の生産国とは違う精製方法がありまして、それは気象状況や土地の環境からそうなったのですが、それがなんと表現すればいいのかエキゾチックな味わいを醸し出しているのですね。

 

味わいの個性がはっきりしているので、ブレンドに使ってもよい演出をしてくれますし、マンデリンという個でも素晴らしい演出をしてくれます。

 

特に近年、マンデリンの人気は世界中である様子。
良い品質のマンデリンが手に入りにくくなりましたが、そこはおまかせください!

 

良いマンデリンのコーヒー生豆を安定して仕入れています、ですので味わいも美味しさも安定してますからね。

 

島珈琲では深焙煎(一般的には中深煎りの焙煎度合いです)で、深みとコクを演出しながら、更にマンデリンの個性をグッと出せる焙煎をして、皆さんに楽しんでもらっています。

 

今年も非常に良いマンデリンをご用意してますので、よろしければエキゾチックな味わいでこの冬を温まってくださいね。

 

それでは、マンデリンの魅力についてのお話でした。

 

島珈琲のエキゾチックな味わいのマンデリンの通販はこちらです。

 

http://www.shima-coffee.com/drs-0002/

 

マンデリンってマンダリンやマンドリンとかと、間違ってしまいそうですよね(笑)
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

豆の大きさによって味わいの違いはあるのか?

大きいと小さい。 この言葉で何を想像しましたか?   僕はそうですね、体型だ

記事を読む

お店によって贔屓にしているコーヒー豆の銘柄ってあるの?

島珈琲のような個人店の場合のお話。   大手などはあまりこういうことはないかと

記事を読む

ハワイ島でのコーヒー栽培体験、コーヒーの実の収穫は大変なんだよの巻

スマホのアルバムを開き、写真を見ていました。 コーヒー生豆を卸してくれている、商社さんからもらった

記事を読む

コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。    

記事を読む

コーヒーの挽き方 中挽きって何?

プロローグ コーヒー豆を粉にする、コーヒー豆を挽く時に中挽きだとか、粗挽きだとか、細挽きだとか、一

記事を読む

コーヒーのもう一つの顔の話

 ホットの季節ですね美味しいコーヒー飲んでホッとされていますか?連休の初日 いいお天気に恵

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大きくなったら、お店手伝う-!」と

記事を読む

とびきりのエチオピアモカ キープしました♪

プロローグ 今年になって入港してくる2014年から2015年の間にできたコーヒー豆が2015年の新

記事を読む

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑