*

いつも同じですか?

有名なコラムを書いている人が、コラムを読んでもらうために、面白くするために、こうすると良いということを以前、書いていたのを記憶しています。

 

それは、毒を少々盛ること、と。

 

過激な言葉を使え、とは言わないけども、少々のトゲや毒がある方が読む方は刺激があって、面白く思ってもらえる、そんなことを書いていたように記憶してます。

 

ブログも同じで、毒やトゲがあった方が面白いのはわかっていますが、まぁ僕は僕らしく、僕の書いてあることが面白い思ってくれている人の為に、トゲや毒のない文ですが(というか、そうならないようにしています)、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

いやぁ三ヶ日の最後、年末年始の繁忙期が一応今日で終わりです。
歳のせいか、やっぱり疲れました(笑)

 

今日の3日も笑顔で頑張りますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

いつも同じですか?

 

ブレンドなどいつもと同じ味わいを狙うのは、意外と難しいのですね。
同じ原料でも、昨年と味わい傾向が違ったり、同じ原料が揃わなかったり。

 

原料とはコーヒー生豆、焙煎する前のコーヒー豆のことです。

 

年によって条件が違いますが、ないものはないので揃う原料で、いつもの味わいにできるだけ近づけていきます。
そこが技術ですよね。

 

カップヌードルとか食べていていつも思うのですが、いつも同じスープの味わいにするのに、どれだけの研究と努力、そしてそこに資金を費やしているのだろう、と。

 

僕のような個人事業では、大手のような研究機関もないので、自分の舌を信じて、こうだああだと調整し、たまにお客さんに確認したり、奥さんに助言をもらいながら日々調整しています。

 

変化を愉しむという心

 

人が1日過ごせば、1日分の歳をとるわけで、昨日と今日の自分は1日分加齢して、つまり変化してないようで変化しているのですね。

味覚もそう。

 

春夏秋冬、四季によって旬な味わいがあるように、四季によって人の味覚も多少変化します。
夏に美味しいと感じるモノでも、冬ではそれほどでもない、そんな食べ物とか飲み物ってあるでしょ。

 

味覚だって昨日の晩に食べたものの影響が、翌日の朝に残っていてそれが味覚に影響をあたえること、しばしばあります。

 

つまり何が言いたいのかというと、いつもの味わいにならないからと言って、悩まないでください。

 

特に家庭でドリップされている方からのご相談に「いつも同じ味わいにならないのです」という内容のものが、かなり多いのですね。

 

ご自身も刻一刻ゆっくりと変化しているのです。
「同じ」にとらわれるよりも、まず変化を愉しむ、その方がずっと楽しくコーヒーライフを過ごしてもらえると思うのですね。

 

変化を愉しむ、その上で同じ味わいのものに近づいて行く、この気持ちの方がうんと楽になりますので、同じ味わいにならないとお悩みの方はとりあえず、気持ちのところから入っていくといいではないか、そう考えています。

 

過度に同じ味わいを追求せず、まず変化を愉しむ、その気持ちで臨んでもらえると良いのではないか、と僕は思っています。

 

悩みがちょっとでも楽になればいいなぁ。

それでは。

 

今夜は娘の大好きなハンバーグを外食で御馳走します!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ガッツしまこーひー

 昨晩 お酒を飲みながら 次に出店する(といっても1年以上先の話ですが)ことを考えていたの

記事を読む

なぜ?カフェや喫茶店のお冷や(お水)が出てくるのか

プロローグ 昨晩は娘の4歳の誕生日パーティでした。   娘のリクエストを奥様

記事を読む

朝・昼・晩 それぞれに適しているコーヒーってどれ?

プロローグ こんにちは!焙煎アーティスト島規之のブログへようこそ。 さて、今回の記事はご質問があ

記事を読む

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

コーヒーの香りの一番強いときはどの状態のときなの?

コーヒーは香りのものですよね。 コーヒーの香りと聞いてあなたは何を想像しますか?  

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

うまいコーヒーを焙煎するには!

今朝6時頃 高槻店へ向かう朝の風は涼しく これからもこの涼しい朝が続いてくれればなぁ~と 思いながら

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

エスプレッソのお湯割りって知ってる?

先日のお休みに、娘の自転車の練習をしました。 娘は今まで「こまあり」の自転車に乗っていて、それを取

記事を読む

コーヒーを愉しむ為に必要な2つのこと

プロローグ 僕は「続ける」ということが苦手でした。 えっ?と思われる方もいるかと思いますが、ほん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑