*

スーパーサブを目指して

公開日: : 最終更新日:2018/01/03 coffee, 島珈琲のコーヒーが飲めるお店ご紹介

どちらかというと目立つのが嫌いな僕です。

 

と言うと、あまり信じてもらえませんが、役割でいうところのアシストとか、縁の下の力持ちだとか、老中参謀役だとか、スーパーサブとか、超二流の脇役だとか、そんな立ち位置が好きな僕です。

 

野球でいうなら2番バッターでバントが上手い感じ、つなぎがメインの役割が好きですね。

自分の人生は自分自身が主役ですが、主役よりも脇役が好きな僕。

 

自分の焙煎するコーヒー豆にも、それを求めているのかも知れません。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

今年も貴方のスーパーサブを目指して

 

コーヒーって、コーヒーが主役ではなく、友達とのおしゃべりの時間、それから一人の時なら読書のお供などでその一人の時間をそっとサポートする、そんな生活の一部の中でコーヒーの香りが、あなたの何気なくそばにある、そんな存在を僕は目指しています。

 

お料理の後のコーヒーもそう。

 

そのお料理が美味しかった、と食後のコーヒーを飲みながら思ってもらう、そんな料理の引き立て役。
食後のコーヒーが美味しければ、全体が良しになる、そう思いませんか?

 

例えばレストランなどで、コース料理を食べたとします。
その最後に、美味しいと言えないコーヒーが出た時、どんなふうに思うでしょうか。

 

奥さんや、カフェBeのスタッフから以前にお話を聞いたことがあったのですが、やっぱり最後のコーヒーが残念だったら、お料理全体まで残念な印象に包まれてしまうと、僕自身もそう思ってしまいます。

 

お料理やケーキをグッと引き立てる、そんなコーヒーであるために日夜、島珈琲は愛情込めて焙煎しております。

 

西宮市中屋町にあるイタリア料理 ディアモ クチーナさん

 

今朝の焙煎は西宮市中屋町にあるイタリア料理 ディアモ クチーナさんで使って頂いているコーヒー豆を焙煎、そして発送しました。

 

こちらのお店は食後に島珈琲のコーヒーが飲めるお店。
残念ながら、島珈琲と同じ月曜日が定休日で、まだお店の方へ足を運べておりません。

 

でもね、ディアモ クチーナのオーナーシェフ 金子シェフが作ったパンを頂いたことがあるのです。

 

僕も味を追求するものですので、お店で料理は食べたことがなくても、頂いたパンの味わいで金子シェフの腕前はわかります。
きっと優しい味わいの美味しい料理をご提供しているんだろうなぁ、と口に入れると同時にそれを彷彿させる味わいのパンでした。

 

お正月は本日2日より営業しておらえるご様子。
お料理などの詳細はぜひこちらをご覧下さい。

 

http://ndiamo-cucina.com/

 

 

 

祝日の月曜日は営業しておられるので、月曜日の祝日の日を狙って今年こそ行こー!と思う島であった。
今年もスーパーサブを目指して、頑張ります!

 

この回 完

 

それでは引き続きよいお正月を!
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

13日の金曜日じゃないですか!

 そうか なるほど だから今日は特にクレームの電話が多かったんだ 今日は平日通う仕事場で

記事を読む

なぜコーヒー屋さんは、インスタントコーヒーを飲まないのか

プロローグ なぜ、コーヒー屋さんはインスタントコーヒーを飲まないのか?と、コーヒー屋さんと大きいく

記事を読む

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書きます。 といっても、このタ

記事を読む

no image

焙煎 焙煎 また焙煎

 エスプレッソマシンでドリンクをつくることは大変楽しくて 大好きです 毎日マシンと向き合い

記事を読む

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

バッテリー

 野球選手で例えるなら かつて阪急と阪神で活躍した 「星野伸之」のような投球術をつかって

記事を読む

イチバーン簡単なコーヒー器具、淹れ方はこれ

さて、あの芸能人 短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修 TANPANCOFFEEがいよいよ発送されました。

記事を読む

コーヒーの苦味には2種類あって、焦げた苦味も存在する

プロローグ ブリュレのキャラメリゼ つまり焦がしアメですね、これを作っている時にふとコーヒーに置き

記事を読む

商は笑なり 商いはあきない味創り

今朝 自転車で受ける風は少し湿度を含む 重たい風でした 今日も蒸し暑い一日になりそうな大阪 高槻です

記事を読む

マンデリンというインドネシアのコーヒーの魅力

先日、島珈琲を見て頂いている税理士さんが、コーヒー豆を買いに来られてので、ついでにいろいろとお話をし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑