*

迷いは人を成長させる

公開日: : 焙煎アーティスト

僕には2つの標語にしている言葉があります。

 

・商は笑なり
・やるなら決めろ 決めたら迷うな

 

この2つの言葉を紙に書き、いつも目に付くところへ貼っています。

 

「商は笑なり」とは、いろんな解釈ができますが、お商売とは人を笑顔にするもの、笑顔になってもらうために僕は何を考え、何を行動するか、日々の自分に問いかけたい言葉なんですね。

 

「やるなら決めろ 決めたら迷うな」味作りでもそう、迷っていると迷った味わいになるんですね。
だからこれでやる!と決めたら邪心を振り払い、その思いを貫きやり通すこと、大事だと思ってます。

 

となると、表題にある言葉と言っていることがなんか二律背反ではないか、となるのですが続けますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒー焙煎で常に迷ってます

 

コーヒー焙煎中は迷っていませんからね、ご安心を。
焙煎が終わり、次の日になってコーヒー豆が落ち着き、味わいも落ち着いた時に味見をします。

 

バッチリ!これはホームランや!と思うことは、焙煎を毎日やっていても1年に数回あるかないかです。
その他がダメだったというわけではなく、ほんの僅かに、誰も気づかないところなんですが、僕を気にさせる点があったりするのですね。

 

ああでもない、こうでもない、こうするとこうなる、こうしたらいいか、そんな風にコーヒーを一口、また一口とカップに近づけては考え、迷ってます。

 

ただその迷いは深刻なもの、ではなく、わりと楽しみな悩みでマイナスの悩みではなく、僕にとってはプラスの悩みなんですね。

 

これは僕の中で最高の焙煎、最高のコーヒーや!とその時に思っても、少し時間が経てば、ん?待てよと思い始め、まだまだ改良の余地があると気づき、実はそこはまだ山の中腹で、山の頂ははるか向こうに仰いで見ないと行けない場所であったりするのです。

 

そしてまた迷いながら頂に向かって歩き続ける、その繰り返し。

 

迷いは人を成長させる

 

迷いにもいろんな種類がありますが、向上心があるからこそ迷う「迷い」というのもあると思うのです。
それは人を成長させる糧でもあるのかと、自分の経験から感じてます。

 

迷いというとネガティブなイメージが強いように感じていますが、案外、迷いは人を成長させていると僕は思うのです。

 

迷い多い人生も、取りようによってはそれは「成長の多い人生」と置き換えることができるかもしれませんね。

 

そんなことを考えながら、今年も沢山、焙煎のことで悩んだなぁと振り返っておりました。

 

山の頂に到着することはきっとなく、そこに辿り着いたと思った時は、成長が止まる時か、もしくは僕が焙煎をすることの一切を終える時、と思いながらも、遙か向こうの山の頂を目指し来年もぼちぼちと登って行きたい、と年の瀬に思ったことでした。

 

さぁ明日12月30日は高槻店の最終営業日 頑張ります!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

俺が死ぬときはコーヒーに溺れて沈むときだ!

プロローグ コーヒーが好きです。 掘り下げるなら、コーヒーの焙煎が大好きです。 機械とにらめっ

記事を読む

お肉を焼くのにアミかフライパンかで味が変わるように、実はコーヒー焙煎もかわる

6月16日火曜日・6月17日水曜日は高槻店臨時休業させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

記事を読む

コーヒーの味わいの表現はむずかしい・・・参考にした本はコレ

実は僕、過去にバーテンダーを目指した時期がありました。 昼はコーヒー焙煎、夜はバー、カフェバーです

記事を読む

白色のコーヒーペーパーフィルターと色つきの違いは何?

プロローグ コーヒーペーパーフィルターの白色と色つきの違いは何か? 色つきはそのほとんどが茶色だ

記事を読む

さぁマンデリンの新豆・ニュークロップが入荷しましたYO!

昨日は定休日。 祝日は高槻店営業しないの?とよく聞かれるのですが、以前、祝日の月曜日を何度か臨時営

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

コーヒーを1杯淹れるのに、コーヒー豆は何グラムがベストなのか?

エピローグ コーヒーを一杯作るのに、コーヒー豆、コーヒーの粉はどれだけ使うのがベストか? 基本的

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑