*

僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

公開日: : coffee ,

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです。
毎晩、晩ご飯の後、奥さんがブィーンとコーヒー豆を粉にして、コーヒーメーカーにセットし、みんなでコーヒータイムを楽しみます。

 

挽いてくれる奥さんに感謝。

実は奥さんがプロペラミルが欲しいというので、プレゼントしたのですね。

 

それまではお店でコーヒー豆を粉にして持って帰り、そして冷凍庫で保存していたのです。

 

でもプロペラミルを使いだしてからは、豆のままで持って帰りそれを冷凍保存して、その都度冷凍庫からコーヒー豆を取り出して、奥さんがブーンするでのかけ声でミルが始まります。

 

そのブーンの音と共に、部屋にはとっても良いコーヒーの香りが漂います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

一手間かけた分だけ美味しい

 

家ではずっと粉にしたものを持って帰ってきていたので、家でコーヒー豆を粉にして飲むのは、僕が若かりしマニア時代まで遡りますね。

 

そっか家で豆から粉にして飲むとこんな味わいがあるんだぁ、お店で飲むのとはちょっと違うなぁ、と改めてそんな発見がありました。
粉で持って帰ってくる時の味わいより、やっぱり一手間かけている分、コクがある感じがして美味しいです。

 

このプロペラミルというのは、電動ミルでは一番安価のタイプになり、豆を入れる所の下部にプロペラのような刃がついていて、フタを閉めてスイッチを入れるとブーンという音と共に、そのプロペラの刃がコーヒー豆を粉にしていきます。

 

この電動ミルの弱点は、ミルで挽いた粉が均一の大きさになりにくいというところで、そのことでどうすれば良いか、よく質問されます。

 

このプロペラミルでは完全に均一な大きさにすることは難易度が高いし、無理があるかもしれません、機能的に。
それでも今回、家で使っていてこれはこれで美味しいもんだ、そう思っております。

 

置き場所にも困らない、小さなミルなので、初めての電動ミルはこれからスタートしてみることオススメしたいです。

 

粉と豆を使い分ける生活ができたらいいなぁ

 

生活のリズムにあったコーヒーの飲み方をするが、一番の理想です。
忙しいのに豆から挽いていられない、朝のバタバタの時はそうですよね。

 

ですので家で飲まれる時は豆から粉にして!をオススメしているワケではありませんからね。(笑)

ただ自分たちがプロペラミルを使ってみた時の感想を書き、それが何かのきっかけになったりすればいいなぁと思って書きました。

 

時間があるときは豆から挽いて、お忙しいときは粉にしておいたコーヒーをセットして。
そうして使い分けができたら一番いいのかなぁと思ったりしております。

 

電動ミルに興味のある方はまず、リーズナブルなプロペラミルからはじめてみるのも良いのでは、そんなことをおうちのコーヒータイムでマグカップを片手に思っておりました。

 

そのブーンの音に楽しそうな表情で反応する娘を見ているのも、僕の楽しみのひとつです。

それではこのへんで。

 

コーヒーは家族の笑顔を増やす、かな。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

お店によって違う、細挽き・中挽き・粗挽き

プロローグ コーヒーが難しいと思われる理由の一つ、定まった基準がないことが挙げられると思います。

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

インスタントコーヒーってカフェインが多いの?

プロローグ 昨日の記事、フェイスブックにリンクして投稿すると面白いなぁと思うコメントがたくさんあり

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

ドリップのスピードは、器具で変えられるのか?

プロローグ 昨日、娘が保育園で「桜餅」をつくったらしく、晩ご飯のあとコーヒーと一緒に食べた。 そ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑