*

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

公開日: : coffee ,

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。

 

豆と言っていますが、それは「コーヒーの実」の中にあるタネを精製したもので、生産国から輸出され、輸入したコーヒー生豆を各焙煎所で焙煎され、あのアロマとセピアのコーヒー豆になります。

 

当然、農作物ですから作られている量は限られているので、在庫がなくなれば次の年度の出来たモノを待つしかありません。

 

ブラジルへコーヒー農園の見学へ行った時、いくつかの農園を見学し、その農園主からいろいろ教えてもらったのですが、同じ農園内でも山の斜面で陽の当たる場所での違い、標高の違い、など同じ農園内でも条件が少し変われば、味わいもまた少し異なることを説明してもらいました。

 

正確に言うと、同じ農園でも栽培する場所がちょっと違えば、同じ味わいはないとなるのですが、僕たちプロはそれを踏まえた上で、同じというストライクゾーンに入る味わいを作るわけです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。
写真はブラジルに行った時のコーヒー農園の風景です。

いつもの豆が切れた時、プロってどうするの?

 

たまにあるのですね、商社さんがまだ在庫を持っていると思って、オーダーの電話をかけたらショートしていること。

ですので、来年はそういうことをできるだけ少なくするために、年間に使う量を取り置きしてもらいました。

 

もちろん取り置きしてもらのにはある程度の取引量が必要で、それからある期間を過ぎると倉庫代として、その料金を上乗せされます。

 

なのでリスクはあるのですが、切らすリスクのことを思えば、どちらのリスクをとるか、という話なんですね。

 

それで切らした時にどうするかですね。
似た味わいを探す、のが1番です。

 

いつも使っているブラジルを切らしてしまった。
似た様な味わいを探すのですが、取引している商社さんに似た味わいのブラジルがないとします、こんな場合はどうする?

 

変化球を使うしかない!

 

ストライクゾーンにボール投げるとき、直球だけがボールじゃないですよね、変化球でもストライクはとれますよね。

 

野球のピッチャーで例えてますが、ストライクゾーンに入れるために似た味わいがない時は、焙煎技術という変化球を用いてカバーします。

 

似た味わいに近づける、ストライクゾーンに入れにいく、こんな感じですね。

 

ですが、当然100パーセント同じモノはできません。

ですので、お客さんには変わることもお楽しみ頂けたら、とお伝えしています。

 

農作物ということもあって違いもありますし、体調や気分によってもコーヒーの味わいは変わってきます。
それを含めて楽しんでもらえたらなぁと思ってます。

 

とは言っても、まず僕がショートさせない、切らさないように在庫をしっかり持っておくことがまず重要ですよね。
来年度のコーヒー豆が輸入されるまでは、それぞれしっかりと確保しましたので、ご安心下さいね。

 

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか、のお話 完。

 

コーヒーの香りってなんだか優しい気持ちにさせてくれますね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの価格に対して僕はこんなことを考える

先日、お客さんとお話していて、コーヒーの価格のお話になりました。 島さんのところはコーヒーは美味し

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

コーヒーの香りはどの段階の時に一番香っているのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 今朝 焙煎したコーヒー豆です 香ってきますか

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

喫茶用のコーヒーの味、家庭用のコーヒーの味、実は微妙に変えています

プロローグ 何の事か?というと、喫茶で求める味わいと家庭用での求める味わいは微妙に違うと思っている

記事を読む

なんでアイスコーヒーの豆は黒くて脂がテカテカなのか?

プロローグ 夏ですね。 コーヒー屋で夏の話題と言えば、アイスコーヒーです。クールダウンするの

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

フルーティーが お好きでしょ?

 僕が使用している焙煎機は岡町本店 高槻店ともに5キロタイプのものです単純に1回に焙煎でき

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑