*

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を浮かべて「美味しいね、ありがとう」と言われれば、作った人は大抵喜ぶはずだと思います。

 

作ったモノが喜ばれる、そうして作る喜びを更に求め、作ることに没頭する。
ただし作ることに没頭しすぎて、相手がいることを忘れて自己満足になることは怖いところですね。

お店をしていて、いつもそう思ってます。

 

旨いコーヒーをつくりたい、喜んでもらいたい。
そしてコーヒーが家庭円満になるひとつのツールであったり、一人の時間を有意義過ごすお供などになったりすれば、なお作ったものは嬉しく思います。

 

結局、喜んでもらうことを求めて、旨いコーヒーを作りたいというその欲求が強くなっていくのかなと思ったり。
島珈琲さんがなくなったら私困るんです、そう言ってもらえるお客さんに深く感謝して、喜ぶ顔をいつも求めて焙煎しております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

旨いコーヒーを作りたい

 

僕は焙煎屋なので、やっぱり焙煎で旨いコーヒーを作りたい、いつも毎日そう思ってます。
焙煎をされない方はドリップなど淹れ方になりますね、それぞれですよね。

 

今回、高槻店の焙煎方法にメスを入れました。
もうちょっとこうしたら美味しくなるのでは、ふと寝る前 布団の中で思ったのですね。

 

それから調整をしながら、やっとポイントが合いました。

 

焙煎ってね、すぐに味わいの調整できないのです。
コーヒー豆の焙煎をしながら、お料理のようにお皿に出汁をすくって味見するようなことはできません。

 

コーヒー焙煎は出来上がりの味わいを、頭の中で想像して仕上げるのですね。
ですので、焙煎が終わってから味見をするのですが、焙煎して直ぐには正確な味わいがわからないのです。

 

焙煎して1日後にぐぐっと味わいが盛り上がってくる

 

焙煎してから1日寝かし、そこから味わいはぐぐっと盛り上がってくるのですね。
味が若いと表現するのですが、焙煎した直後は味わいがぼやけているのです。

 

ですので、1日後にはっきりした味わいをキャッチできます。
このことから焙煎で味わいを調整するのには、非常に時間がかかるのですね。

 

こうだ、と思ったやり方でやってみて、出来た1日後に飲んで、やっぱりこうかな、ああかなと考えて再トライする。

 

そんな中でやっと、ここ!というポイントが見つかりました。

 

特に深焙煎のコーヒー豆は奥行きが広がった、そんな風に感じます。
ただ飲み比べないとわからないくらいのレベルですが、わからなくてもあっ美味しいねって喜んでもらえたら、それが僕の喜びなのです。

 

作ること、焙煎することが大好きですが、それは喜んでくれる人がいてくれるから。
また明日も誰かの喜ぶ顔を想像して、愛情込めて焙煎していきますね。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

香りも一段とよくなりましたよ!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

モノも人も大事な事は「聞く」こと

プロローグ 最近、ツイッターをめちゃめちゃ楽しんでいます。 文字数が140字と決まってい

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

ペーパードリップするのに大事な3つの注意点

昨日は仕事もはやく片づき 家路を急ぎまして 晩ご飯を食べてから 2歳の娘と沢山遊びました 娘の笑

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

知識とはひけらかすものではなく 誰かのお役に立てるもの

いよいよTANPAN COFFEEの焙煎が明日からとなりました。   島珈琲高

記事を読む

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき うれしかった時 思い悩んでいた時 そ

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

コーヒーの美味しさって何?

今日は土曜日で、明日は日曜日で母の日。 発送やギフトでてんてこ舞いの島です、どーもです。 ありが

記事を読む

言葉が通じなくとも気持ちは通じる 

焙煎する前に焙煎機を暖機し 釜をじんわりと暖めてから 1回目(1バッチ目)を始めます 通常20分

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に

→もっと見る

PAGE TOP ↑