*

ラッキーで、美味しいブラジルが入荷しました

公開日: : coffee ,

普段の関係性って、いざって時に表に出ると思うのですね。

 

いざという時、友達がいるというより、友達の助けを確信できることが大きい、なんかそんな格言があったけども、いざという時に助けが貰えることを期待はしてないけども、そんな関係づくりが出来ればベストだなぁっていつも思ってます。

 

ですので、普段からきちんと約束を守り、何かある時はまず連絡する、頼ってきた時は可能な限り引き受ける、そんな姿勢でいております。(出来ていないときもあり、反省もあります)

 

そうすると棚ぼたがあるわけで(笑)、今回はラッキーなお話から良いブラジルが入荷しましたので、そのお話を少し。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

いつものブラジルを切らした!

 

毎年、ショートすることがなかったので安心していたのですが、今回はいつも使っているブラジルがよく販売されたらしく、9月くらいにショートしてしまいました。

 

変わりを上手く使いながら繋げておりますが、次に入荷するのが1月の中頃とのこと。

 

来年はショートしないように年間使う量を予約しておこうと思ってます。
で、繋いでいたブラジルもショートして商社さんに相談すると、実は、ととっておきのブラジルを紹介してもらいました。

 

といっても、1年前のコーヒー生豆、今年度のコーヒー豆は2016-2017になりますが、その1年前2015-2016に栽培されたものなんですね。

 

1年前のものをパストクロップと呼ぶのですが、基本的に新豆、当年モノのほうが好まれるので、パストクロップって買い手が少ないのですね。

 

そのパストクロップのブラジルを紹介してもらい、購入したのですが、これがまぁなんと味わいの良いこと。

 

その名は ミナスジェライス カシャンプ農園 ナチュラル

 

ミナスジェライスというのはブラジルの州の名です。
ナチュラルというのは精製法で、カンタンに説明すると天日干しで精製されたもの。

 

甘みが多いですね。

カシャンプ農園、これを焙煎して飲んでみたのですがブラジルらしい味わいに上品さがあって、とても1年落ちのコーヒーと思えないほどしっかりとした香りと味わいです。

 

12月の特別コーヒーとして用意したのではありませんが、ラッキーなことにそんな感じになりました。

 

ブラジル・カシャンプ農園
コスタリカ・ラスラハス農園
グァテマラ・リベルタッド・レゼルバ

 

と、この3銘柄が12月の特別コーヒーとしてラインアップされています。
どれも味わいがよく、12月だけのコーヒーでなくなり次第銘柄は変更となります。

 

ということで、お客さんにもラッキーをお届けしたいので、12月はいつもよりも良いコーヒーを並べています。
よくわからない方もいると思いますので、良い状態のコーヒー豆は?とお気軽に聞いて下さいね。

 

今月も全力コーヒーで、笑顔で走り抜けますね。

 

それでは。
コーヒーの香りに包まれてくださいね。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

いっぱいだーマン!

 頭の中が福祉施設に入るカフェの経営企画書のことで いっぱいだーマンだ! 寝ても覚めてもそ

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

ブログを書き続けることは 何かメリットあるのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 嫁さんとカフェをしながら表

記事を読む

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりまし

記事を読む

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。     マグカップは、通常の

記事を読む

今日の記事はあなたのためだけに

今日は僕にとって とてもうれしい日です それは なんでしょうか? こんにちは 今日の大阪のお天気は荒

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に

→もっと見る

PAGE TOP ↑