*

高槻店を古民家風にした理由

公開日: : 感謝!!, 日々他愛のないこと, 日記

高槻店はこの11月21日で5周年でした。

 

あっというまの5年。
このお店は娘が生まれてまもなくオープンしたので、娘と同い年。
これは自分だけの思い入れなのですが、娘と一緒にお店も成長しているのかなと思ったり。

 

10年後、娘と一緒にこの高槻店が成長していけば、娘がこの店にたってちょっとお手伝いしてくれるかな、とそんな妄想を楽しんだり。

 

高槻店に内外装に使われている古材は、今に増して年季を醸しだし、良い雰囲気になるんだろうなぁなんて思いながら、そうして息の長く続く商売ができるように、毎日を楽しみながら歩んでいきたいな、なんて考えております。

 

あと5年くらい経ったら、髭伸ばして貫禄だしてみよかな、そんなことも考えたり(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

高槻店を古民家風にした理由

 

憧れですね。
こちらを設計してくれた古材問屋の明木さんと出会ったのは、もう10数年前。

 

島珈琲のコーヒー豆を使ってくだっていたカフェの設計をされ、それを見た僕がピンっと来て、オーナーさんに紹介してもらったことからでした。

 

その後、明木さんが設計された店舗や家などは逐一拝見させてもらい、その造りに憧れていました。

 

いつかお店を出すときは明木さんにお願いしよう、そう心に決めて、高槻店の出店計画が持ち上がった時、いの一番にお願いをしました。

 

古材がむっちゃ好きになったのは、明木さんのデザインを見たからで、古材が好きというよりも明木さんのデザインに惚れて、明木さんの得意な分野、古材を使ってデザインする古民家風に仕上げてもらった、こんな感じです。

 

明治時代の瓦、100年前の梁、などなど古民家など解体したときの古材をそのまま利用しているのが、高槻店です。

 

お客さんの為でもありますが、僕が一番このお店にいることになるので、僕が一番気に入って飽きない空間を作ってもらいました。

 

好きって大事

 

お店をするにあたって大事なことは、その場所が好きになれるか、そのお店を好きになれるか、これすごく大事だと思うのです。

 

営業している本人が場所もお店もそんな好きではない、そんなお店って魅力があまりないと思うのです。
本人が好きでないと思っているところに、人が集まるでしょうか。

 

その場所にいることが、もひとつよく思っていない人のところに、良い雰囲気は生まれるのでしょうか。

お店をするにあたって、まず大切なことは、その場所とそのお店が好きか、お店をする人にとって非常に大切なことだと思うのです。

 

ですので、こうした古材をふんだんに使って明木さんに設計してもらい、高槻店は古民家風になったというわけです。

 

お客さんにニコニコできる気持ちでいる、いつもできる限り上機嫌でいるために、自分の好きな空間を作り気持ちを平安にするって大事だと思うのですね。

 

お客さんのためでもありますが、自分の為でもあるという(笑)、そんな高槻店を古民家風にした理由のお話でした。

 

落ち着くってやっぱりいいですよね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

関係づくりとは

お商売をさせて頂いてかれこれ13年目に入っています 親父は公務員でした  よく「2代目?」と聞かれま

記事を読む

no image

おかげさまです

 昨日のありがとう祭り 雨天にもかかわらず たくさんのお客様が来店くださりました! ほんと

記事を読む

no image

たけのこの里

今までほんとに毎日 お酒を飲むことが当たり前の日常から 手術をして 週の内に何度も休肝日をとらないと

記事を読む

他にはない特別な存在

 昨日 経営のことに触れて ブログを書きましたするとタイミング良く経営についてのメルマガや

記事を読む

no image

I WANT YOU

  あ ウォンチュー おれ~の肩を抱きしめてくれ~♪ 南佳孝のあの唄の冒頭のウォンチュの話

記事を読む

わさび菜  からし菜

週木曜日のカフェBeでは 高槻地場産 朝とれたて野菜を販売しております お野菜をいつも持ってくださる

記事を読む

今日も

 ほんとによい一日でした お客様といろんなお話しができました 新店のこと がんばれよ とお

記事を読む

島珈琲の野望2017

親父は公務員でした。 コンピュータが好きで、まだあまり一般家庭にはない時にも僕の家には新しいパソコ

記事を読む

鈍感

 トーマスカーライルが 「最大のあやまちは どんなあやまちをみても少しも気づかぬことである

記事を読む

てんこもり

 と 思いきや あんまりたまっていませんでした 焙煎機の掃除 クリンカーというコーヒーを焙

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせで

気をつけて!2月18日(日)は岡町本店2月の最終営業日です!

2月25日の日曜日は高槻店の前の道路が歩行者天国となり、露店がずらりと

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

昨日は阪急宝塚線 中山観音駅 中山寺入り口のすぐにあるカフェ カフェ・

→もっと見る

PAGE TOP ↑