*

ハンドドリップの「蒸らし」は、ほんまに必要なのか

僕がコーヒーに興味を持ちだして、専門書を買いあさり始めたのは、たぶん20歳前後の頃。
コーヒーの専門書を置いている書店は少なく、梅田のジュンク堂や難波の書店など、本のタイトルをメモ書きして、それをポケットにしのばせて、しばしば探しに行ったものです。

 

今ではインターネットで探した方が早いですよね。

 

書店でお目当ての本を探していると、お目当て以外の本も目について、という楽しみがあるのは事実ですが、時間を考えるとネットでしょうか。

 

20数年でこんなにも変わるものなんだなぁと改めて思ったり。
20年前の思い出、あなたは何を思いだしますか?そしてどんな変化がありましたか?

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

この本が教科書だった

 

昭和62年に発行された本なので、現在では参考になる部分とそうでない部分があると思いますが、今読み直して面白い本です。

 

序説 珈琲学 農学博士 友田五郎著 光琳

 

 

 

いわゆるググったら(グーグルで検索したら)、ほとんど何かの答えに辿り着くことになりますよね。

 

20数年前は当然そんなことはなかったので、というかインターネットにコーヒーの情報を書いてくれている方が非常に稀で、重宝で、そしてかじりつくように読んでいた事、覚えています。

 

この本も難波の大きな書店で探してたら出会った本じゃないかなぁ、情報収集はもっぱら本の方が多かった、そんな20数年前。

今でも大事にしています。

 

この本に、ハンドドリップの蒸らしについて、非常に詳しく書いてあり、なるほどなぁって思ったのですね

今でも通じる理論がありますので、それを僕のフィルターに通して説明していきますね。

 

ハンドドリップの「蒸らし」は、ほんまに必要なのか

 

ゆっくりと粉に対して均等にお湯を加えて蒸らす、これを別名prewetting 予備湿潤といます。
コーヒーの粉の粒子組織が弛められて、ほどよく開きまた微粉も膨張して粒子間の隙間も満たし、均質な沪過床が形成される。

 

ほんとはもっと長く書いているのですが、要約するとこんな感じです。
微粉というのは、コーヒーを粉にするときにメッシュといって、粉にする大きさの値があるのですが、その大きさに揃えて挽いたとしても、細かい粉、微粉が発生するのですね、そのことです。

 

つまり予備湿潤は、コーヒーの準備体操で、それをすることによりコーヒーの成分が更に出やすくなるということなんですね。

やらなくてもよいと言えばよいですが、やっぱりやってもらった方が良い味わいになりますよね。

 

 

 

粉をセットしてお湯を注ぐ一湯目、真ん中から螺旋状に「の」の字をかくように、お湯を外側に向かって注湯します。
全体を湿らせ、下に1滴か2滴落ちる程度が良いのですが、それはなかなか難しいので、ちょっと落ちる程度で大丈夫です。

 

蒸らしはコーヒーの準備体操、美味しいコーヒーを淹れるにはやっぱりして欲しい行程です。

 

肩の力を抜いて、やってくださいね。

 

素敵なコーヒータイムを。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーを淹れる時、濃さの調節はどうしたらいい?

寒くなるとホットコーヒーがグッと美味しく感じますね。 身も心も温まりますね。  

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ 前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。 前回の記

記事を読む

点滴ドリップとは何か?

プロローグ 朝は早いめに仕事を開始して、夜は出来るだけ早く家に帰り、4歳の娘と遊ぶ時間と家族で晩ご

記事を読む

ドリップをしていていつもと違う!その原因は何?

プロローグ このブログはお客さまに質問を受けたことを取り上げることが多いです。その場だとどうしても

記事を読む

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問の一つです。 皆さんはどうさ

記事を読む

1杯ドリップするより、複数杯一度にドリップする方が濃い味わいになるのはなぜ?

成長する娘 コーヒーの仕事にちょっと興味を持つ? 昨晩は娘が昆虫の本を一緒に読もう、というので、布

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に

→もっと見る

PAGE TOP ↑