*

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。

 

消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より)
http://blog1.shima-coffee.com/?p=17264

 

2018年2月1日よりインターネットによるWEBからの通信販売のご注文は、8%の税率を外税にて加算された金額を、ご請求という方針に変更致します。

 

ほんとうに申し訳ない気持ちで一杯ですが、ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、焙煎方法にちょっと手を加えてみたのです。
高槻店の焙煎機と岡町本店の焙煎機はメーカーとタイプは同じですが、仕様がちょっと違うのですね。

 

岡町本店は岡町本店の焙煎機での使い方。
同じく高槻店は高槻店の焙煎機の使い方、それぞれ違う方法で焙煎しています。

 

で、ふとお風呂入っているときか、布団の中でかは忘れましたが、高槻店の焙煎機の焙煎方法をこうしたらどうなるだろう?と頭に浮かんだのですね。

 

すぐにやってみました。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

 

 

 

高槻店の焙煎機はスポーツカーに似ているかな

 

今まで5年間、焙煎方法を細かい調整はしてきましたが、基本的な操作は変えてきませんでした。

 

高槻店の焙煎機は、通常タイプの火力は2.2倍。
焙煎機の釜と言われる、コーヒー豆を撹拌して熱を与える場所ですが、通常はこれは鉄製で、高槻店は違うステンレス製のものを採用。

 

鉄製のモノと違い、熱の伝わり方が違ってくるのですね。

 

まるでスポーツカーのようにレスポンスがホントに良くて、ちょっと変化を付けるだけで、味わいにすぐに分かるほどの結果を残してくれるのです。

 

ですので、操作を大きく変化させることは、味わいを大きく変化さすことに繋がるので、手を付けにくかったわけなのです。

 

でも変化を望むときは、思い切った方が良いのですね。

 

思いついたことをやってみた

 

失敗しない自信はありました、これは直感でしたね。
でもどんな感じになるか、その方法を実際に試してみないとわからない、素直にそう思ってました。

 

そしてやってみると。

今まで補いたい味わいの部分があったのですが、それを見事埋めることができたのですね。

 

その時々によって使い分けることになりますが、特に深焙煎(深煎り)のコーヒーは更にコクと深みを増した、そう感じています。

 

どんなことでもそうですが、何か変化を望むときは小さく、ではなく、大きくそして思い切ってやってみた方がかえってよい結果を生み出すことが多い、今回も含め過去の経験からそう思ってます。

 

パワーアップした味わい。
きっと言わないと気づかないレベルのことですが、それでもそれでお客さんの笑顔をが増えるかなと想像すると、嬉しくなりますね。

 

探求というのは一生続きますね、一生勉強、一生追求、山のてっぺんだと思ったらそこで、また山のてっぺんが見える、この繰り返し。

 

笑顔になるコーヒーを追求し続けますね。

それでは、変化を望むときは、思い切りが大事、そんなお話でした。

 

コーヒーで温まってくださいね。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ペーパードリップするのに大事な3つの注意点

昨日は仕事もはやく片づき 家路を急ぎまして 晩ご飯を食べてから 2歳の娘と沢山遊びました 娘の笑

記事を読む

芸能人だけじゃない 歯が命なのは

先日から歯医者に通っています 差し歯の上の歯茎が腫れてしまいました 病院は好きでないのですが 

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

商は笑なり

明けましておめでとうございます 本年もよろしく御願い致します 皆様がこの一年 健康でハッピーであり

記事を読む

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ 昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のよ

記事を読む

ピンチは常にくるものと考える

どちらかというと石橋を叩いて歩く方の人間でして、どんなことも段取りそして準備を怠らず、そして物事に臨

記事を読む

島珈琲社会貢献部より3つのお知らせ

最近 娘に見える場所で 僕が シャドウピッチングやシャドウバッティングをしていると なぜか ケタ

記事を読む

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきました。  

記事を読む

ミルによって違うコーヒーの味わいをカンタンに書いてみた件

プロローグ コーヒーの味わいは、ほんとにいろいろな事で変化します。実にデリケートです。 コーヒー

記事を読む

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

ブログを書くというリスク

高校生の時だったかな。 FMラジオから尾崎豊が唄うLOVE WAYが

→もっと見る

PAGE TOP ↑