*

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。

 

あっ!と思ったのは、撮った写真が間違えている!ということでした。
アメリカ式とイギリス式のカップソーサー、スプーンの置き方を比べられるように写真を撮ったつもりでしたが、違うやん!という写真になっておりました。

 

書くことは恥をかくことでもある、そう有名なコラムニストが書いていたと記憶しております。
とりあえず、恥をかくのは慣れっこですので(笑)、ツッコミのネタにそのままにしとこうと。

 

ほんと、そんな自分にやれやれです、あはは。

 

ブログを読み終えると、下の方に関連記事が出てきます。
このブログの前身、ジュゲムで書いていた記事も全部こちらに移行したので、2009年くらいに書いた記事もバックナンバーとして残っています。

 

2009年、8年前の僕は何を書いていたのか、と思って読んでみるとブレてなかったので、驚いた。

 

コーヒーは楽しむもの、僕のモットーとしていることですが、どのあたりからそれを思っていたのか記憶になかったのですが、8年前にはキッチリそう思ってたのですね、それを確認した記事でした。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒーは難しいものではない

 

いや、深いですよ。
いろんなところで味わいが左右されるし、ほんとにデリケートです。

 

でもそれはプロでやっている僕たちや、趣味でコーヒーを突き詰めている人が思うこと。
家庭でコーヒーを楽しむ方には、そんな難しいものでも、考えながら飲むものではないですよ、とお伝えしてます。

 

日常にあるコーヒーは、誰かと楽しい会話をしている時それを潤滑にする油のような役目だったり、読書をしているときのお供だったり、家族団らんで過ごすときの一杯であったり。

 

コーヒーってお茶ですよね。(茶葉でありませんが 笑)

 

美味しく感じたらそれでよい、僕はそう思うのです。

 

悩んだら悩んだ味わいになる

 

皆さん、淹れ方で悩んでたりしますよね。
いつもと違うなぁとか、いつも同じ味わいにならないなぁとか。

 

体調の良し悪しも、コーヒーの味わいに影響があります。
ドリップのやり方がああでもない、こうでものない、悩むことありますが、まず楽しみましょう。

コーヒーは楽しむ飲み物です。

 

まずここを頭にいれて、ドリップもまず悩まないで、とりあえず楽しんでみてください。
そうすればちょっと変わってくるかもしれません。

 

悩んでいる人が多いので、とりあえず心の部分から楽になるように、今回はこんなブログを書いてみました。

 

そんな僕ですが、3月に高槻市の公民館でコーヒー教室を実施します。
興味のあるかたはまたこちらでお知らせしますので(高槻市在住か通勤や通学されている方が応募資格のようです)、ドントミスイットです。

 

ということで、ほんとは今回書くことが僕の中では違ったのですが、脱線して違う内容になりました。
これもまた、いとをかし。

 

コーヒーを楽しんでくださいね!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆(粉)を購入し、おうちで淹れて良いことがある5つのこと

島珈琲オリジナル缶、島珈琲カンのエンボス=凹凸加工の3D図面が、先日届きました。 今の技術って凄い

記事を読む

コーヒー豆・粉を保存するのに気をつけたいこと

昨日は娘の幼稚園が代休で、1日お休みに。   日曜日に音楽発表会があったのです

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

職人として あるべき心を考えた

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている と感じているのは僕だけでしょうか? 高槻店にくる

記事を読む

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったようです。  

記事を読む

コーヒー計量スプーンの代わりに使うのこれ

プロローグ 一般的によく目にするのは、写真の様な三角のタイプと台形のタイプ。 各コーヒー器具メー

記事を読む

焙煎機の排気力を10%アップさせる簡単な方法

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です たまにはプロらしく(いつもプロでないのかっ!

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は、ほんまに必要なのか

僕がコーヒーに興味を持ちだして、専門書を買いあさり始めたのは、たぶん20歳前後の頃。 コーヒーの専

記事を読む

コーヒー好きな方へ贈りたい、コーヒーギフトに役立つちょっとしたヒント

プロローグ 島珈琲はコーヒーギフトにも力を入れています。 始めた頃は、折り紙が嫌いだったので包装

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせで

→もっと見る

PAGE TOP ↑