*

僕はどうしてコーヒー焙煎屋を選んだのか

公開日: : 焙煎アーティスト

先日、娘に「お父ちゃんはなんでコーヒー屋さんになったの?」と聞かれました。
もうそんな質問をしてくる歳になったんだなぁなんて、思いながら「お父ちゃんコーヒーが大好きやから」と答えました。

 

そんな質問を娘から受けて、改めてどうして僕がコーヒー焙煎屋を生業として選んだのか、ブログを書きながら掘り起こしていきますね。

 

どんな思いを持っていたのか、そして持ち続けているのか。
よろしければ続きをご覧下さい。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

コーヒー焙煎が好き

 

ほんと、この一言につきます。
コーヒービジネスをする、というよりも、好きなことを仕事にした、という感じです。

 

もちろん家族を養っていくためにお金は必要ですし、お店を運転するにも資金は必要です。
ですので、お金を稼ぐことではない、と言えば嘘になります。

 

好きなことをして、僕の焙煎するコーヒー豆で誰かを笑顔にして、そしてその報酬を頂く。
こんな感じでしょうか。

 

コーヒー焙煎の虜になったのは、初めて焙煎してすぐのコーヒーを飲み、コーヒーってこんなに美味しいものなのか!とめちゃくちゃ感動したんです、それからですね。

 

今まで飲んでたコーヒーはなんだったんだろう、と思ったくらいでした。
20数年前の話になりますので、今のように美味しいコーヒーがあちこちで手に出来る状況ではなかったのですね。

 

その感動が現在も僕を突き動かしている、わけなのです。

 

同じ感動を味わってもらえたら

 

今でもそう思っています。
焙煎してすぐのコーヒーを初めて飲んだときの僕に走った衝撃は、いまだに覚えています。

 

先ほども書きましたように、今は美味しいコーヒーがあちこちで手に入るので、今ではあの時の僕と同じ様な感動はないかもしれませんし、人によって感動の大きさは違いますが、でも、でも感動をお届けしたい、そう思ってます。

 

島さんのコーヒー美味しいわー、と笑顔で言ってもらうことが、僕にとってすごい報酬だと思っております。

美味しいコーヒーで喜んでもらいたい、喜んでもらえるコーヒーを焙煎したい、根底にある僕の考えの柱はこんな感じです。

 

コーヒー好きなお客さんと他愛のないコーヒーの会話をしているのも、仕合わせな時間です。
コーヒーを通じて仕合わせな時間や空間を、お渡しできれば、それは僕の仕合わせなのかぁ、と考えております。

 

娘に質問されて、改めて考える良い機会をもらいました。

明日も誰かの笑顔を思い浮かべ、愛情込めてコーヒー焙煎をしますね。

 

それでは。

 

薫る島珈琲をもう一杯。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

家庭用ミルの掃除の仕方~ナイスカットミル・みるっこ編~

プロローグ 家庭用ミルの中で、結構お持ちの方が多いのではないかと思われるカリタ「ナイスカットミル」

記事を読む

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

最初から良いものを使うと 後でちょっと苦労した

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は2009年から3年半の間 障

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

コーヒーの香りはどの段階の時に一番香っているのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 今朝 焙煎したコーヒー豆です 香ってきますか

記事を読む

僕の尊敬する人 Route271の船井さん

大阪梅田の芝田にある有名なパン屋さん、Route271さんをご存じでしょうか。 テレビや雑誌などに

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑