*

ドリップしやすいコーヒー そうでないコーヒー

昨晩は日本シリーズを見ていました。
ピッチャーとバッターの対決、そして配給の駆け引き。

 

横浜のバッターは何度もカットしてファウルにし、ピッチャーは粘られても際どいところを狙って投げてくる。
1球1球に「うぉ」とか「ふーッ」とか言う僕に、奥さんが遠目で笑っている。

 

テレビの前に正座をしてそれを見ている僕。
その膝に娘がちょこんと乗って、私も野球見に行きたいなぁと。

 

もう少し大きくなってからほうがいいんじゃないの?と僕が娘に言うと、すぐ行きたい!と。
娘と野球場の外野スタンドにいる様子を頭に浮かべながら、楽しいだろうなぁなんて思いながら、そっとテレビに目を戻しました。

 

初めて野球場、皆さんはどんな気持ちでしたか?
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ドリップしやすいコーヒー そうでないコーヒー

 

おうちでは、2つのカップを並べて同時に一杯ずつのコーヒーを淹れる、ということはあまりないと思います。
2杯分なら同じコーヒーの粉でサーバーなどを使用し、2杯分同時に淹れますよね。

 

お店では片方は深焙煎、片方は中焙煎とオーダーに応じて、同時に別々のコーヒーを淹れることがしょっちゅうです。
なので、そうした状況だからわかることなんですが、同時にしているとドリップしやすいなぁと思うコーヒーと、そうでないコーヒーがあるんですね。

 

すんごいやりにくいわけではないのですが、さくさくと進むコーヒーと、そうでなくゆっくりと進むコーヒーがあるのですね。

 

今回はそのことについて書こうと思います。
特に感じるのは、例えば深焙煎のコーヒーと、中焙煎のエチオピアモカを同時にドリップした時に感じますね。

 

何を感じるか

 

同時にドリップしたとき、深焙煎のコーヒーはさくさくと進んでいきます。
ドリップしてスゥーッとお湯が通り、下に落ちていく感じ。

 

いっぽう中焙煎のエチオピアモカは同じペースでドリップしても、ゆっくりでジワッとした感じでお湯が粉を通り、下に落ちるスピードも比べるとゆっくりなんですね。

 

なぜか?
科学的なことは説明できませんが、僕はこう考えています。

 

深焙煎は焙煎している時間が長いので、コーヒー豆の繊維が中焙煎に比べ伸びいています。
なので、伸びている=隙間が多い ことになりミクロの世界で見てみるとお湯の通りが良い、と考えています。

 

いっぽう中焙煎のエチオピアモカは焙煎度合いは深焙煎より浅いので、繊維が比べると伸びていない=隙間が少ない、それに加えてエチオピアモカは他のコーヒー豆よりも、繊維質が多いのではないか、島はそう考えています。

 

そうすると隙間は少ないので、湯通りは?
そうです、抵抗が多くなるのでゆっくりとなります。

 

こういうことではないかと考えております。

特にエチオピアモカそしてコスタリカも同じ傾向があると、僕は感じています。

 

エチオピアモカやコスタリカを淹れた時、いつもと違い淹れ方が上手くいかないなぁと思っても、あなたのテクニックのせいにしないでください。

 

それはコーヒー豆の質の問題からなっていることもあるのです。

 

頭に入れておいてくださいね。

今回はそんなお話でした。

 

あなたのコーヒーライフがもっと楽しく素敵なものになりますように。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

陶器とプラスチック、どっちのドリッパーが良いの?

昨日はお休みで、家族で高槻天神さん 上宮天満宮へお詣りに行ってきました。 上宮天満宮の本殿は小高い

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

コーヒーは一杯、何cc なの?

プロローグ 僕は朝、早めにお店に来て焙煎をします。 早ければ6時くらいからスタートすることもあり

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

ちょっとやってみて!ドリップコーヒーの為の小技集

プロローグ 私事ですが、今月自宅の引越をすることになりました。   奥様の夢

記事を読む

香るアイスコーヒーを作りたい!この方法がオススメです

プロローグ そろそろアイスコーヒーの季節が近づいて来ましたね。 4月に入り、少しずつ暖かくなって

記事を読む

コーヒーの抽出器具の手入れ洗い方はこうすると良い

プロローグ 昨日、朝日新聞の朝刊の大阪地域版に島珈琲を紹介した記事が載りました。  

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑