*

今年はコーヒー豆の当たり年?ブレンドの味わいの調整のお話

公開日: : coffee ,

さて、金曜日は奥さんお休みで一人営業の日です、ワンオペ。

 

岡町本店でのお話ですが、結婚する前までは一人で全部切り盛りしていたわけで、やっぱり誰かに相談できたり意見をもらえることはほんとうに大事なことだと、奥さんに手伝ってもらうようになり、それがひしと分かりました。

 

家でも店でも感謝です。

こういう場合は、ほんとに1+1=2だけではなく、答えは2以上の力になるそんなことを思ってます、って、はい のろけ すみません。(笑)

 

コーヒーの味わいでも奥さんはこれをどう受け取るか、そんなことを聞きながら、自分の感覚と照らし合わし、いつも調整をしています。

 

さて今年はコーヒー豆は当たり年のようです。
昨年と同じ産地のコーヒーを比べると、どれも深みとコクがある感じがしております。

 

なので、同じ様にブレンドしても味わいにブレがでてしまうのですね。
その調整をどんなふうにしているか、今回はそんなお話です。

 

いつもありがとうございます 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

ブレンドの調整はどうしてるの?

 

単純に配合を変えることもあります。
島珈琲の主力コーヒーであるブレンド花。

 

こちらは中焙煎のブラジル50%コロンビア25%タンザニア25%とこんな比率でブレンドしていたのですが、ブラジルの銘柄が最近チェンジして、これを40%30%30%の比率に変えました。

 

こうして、バランスを見ながら僕が主張したい味わいつくりを、配合を変える事によって理想に近づけ表現します。

 

これでも、なんかちょっと違うなぁともやもやしてたんです。
いやストライクゾーンには入っているので、安心してくださいね。

 

ただ自分がここってところに投げられていない、ボール1個分ずれている、そんな感じがあって再調整を考えていました。

 

こうして味わいに変化をつけることもできる

こちらのツィートをどうぞ。

 

 


はい、この焙煎機のダンパーでの調節で味わいに変化を施すのですね。

今年はコーヒー豆の当たり年で、全体的にコクと深みがあると僕は見受けています。

 

濃いのはいいのですがそれがある分、味わいに明るさがわずかにかけている、ブレンド花にはそう感じたのです。
ですから、焙煎機のダンパーをいつもより、目盛りでいう0.5ほど開けてみました。

 

するとどうでしょう、僕の欲しかった味わいの明るさ、うーんそうですね爽やかで綺麗な酸味というイメージでしょうか、それがでてきました。

 

ね、コーヒーって面白いでしょ。

 

沢山の行程で味わい作りができるのがコーヒーですが、いちいちデリケートですよね。
ここがコーヒーの深さなんだと思います。

 

ということで、味わいが整いました。

ただ深焙煎の場合はこのコクや深みが持ち味なので、同じ様にはせず、コクや深みを更に出るような工夫をします。

 

コーヒー焙煎も料理のようなものです。
さぁ明日もよいコーヒーを、皆さんが笑顔になるコーヒーを焙煎しますよー!

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ドリップするときのお湯の細さ、太いとダメなの?

昨日は娘の幼稚園で夏祭りが開催された様子。 奥さまも準備の段階から手伝い、昨日が本番。 &n

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回

記事を読む

朝コーヒーにバターを入れて飲むダイエットがアメリカでブームらしい

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   娘から風邪をもらってしまい 味覚

記事を読む

バッテリー

 野球選手で例えるなら かつて阪急と阪神で活躍した 「星野伸之」のような投球術をつかって

記事を読む

エスプレッソの超極細挽きの粉をペーパードリップした結果

最近の僕のブログを書くパターンとして、序破急の3部構成で序はここの始まりのパートになるわけですが、日

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

記事を読む

天然のコーヒーの甘みって、なんだ!

プロローグ 大阪は梅雨明けし、夏本番に入りました。 今年は暑い夏になると聞いております、体調管理

記事を読む

あの芸能人のコーヒー「TANPANCOFFEE」は今どんな感じに進んでる?

あの芸能人こと、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのオリジナルコーヒー TANPAN COFFEE 今どんな

記事を読む

美味しさをどう探す?コーヒーミルの粉の挽き方の探しかた

僕がコーヒーの味わいをつくるなかで、一番難易度が高いなぁと思うところ、どこだと思いますか? &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑