*

なぜ開業したのか、なぜ独立したのか、ちょっと考えてみた

昨晩は焙煎機のバーナーの掃除と煙突掃除をしようと、お店が終わったあと、せっせと掃除の準備に取りかかる。

 

まずバーナーの掃除から始めたのですが、パーツをばらすと、あっここも掃除しとこ、こっちもしとこ、と気になるところがどんどん出てきて結局、煙突掃除がちょっとしかできませんでした。

 

煙突掃除はわりと音が大きくでてしまい、夜の遅い時間になると近所迷惑なんですね。

 

いろんなことが気になって、本題が出来なかったという、日常のあるあるですよね。
ということで、続きは今晩やろうと思ってます。

 

定休日の月曜日の午前中に、今までと同じ様に美味しいコーヒーを焙煎できるよう、焙煎機のメンテナンスを更にしっかりしたいと思ってます。

 

さて、本題。
僕がなぜ島珈琲を開業したいと思ったのか、なぜ独立を選んだのか、ちょっと原点に帰りたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

うまいコーヒーを作りたい!

もともと独立したいという希望は、高校生の頃からもっていましたね。
自分を試してみたいとか、集団スポーツより個人競技の方が好きだったとか、総合的に変わり者の部類に入る人だと、かなり早い段階で自覚しておりました。

 

独立するなら、という考えをもって仕事をいつも選んでいましたね。

 

さてコーヒー焙煎を生業に選んだ物語は今回は置いといて、なぜ開業したか、なぜ独立を選んだか。

 

当然、お店ですので1年の中に売れる時期、売れない時期があります。
月のお給料と言うのかどうかわかりませんが、売上げによって左右されるので定額は決まってないです。

 

絶えず支払いのことは頭の中にありますね。

 

不安定と言えば不安定ですが、それを覚悟の上。
でもやっぱりやりたいと思ったのは、心ゆくまで美味いコーヒーを作ることに没頭したかったから。

 

自己満足よりももっと上へ

最初、趣味でコーヒー焙煎をしていた時は、自分のために焙煎していました。
自分で美味しいコーヒーを作り、ドリップして、美味しいのができた、と満足する。

 

ある日、趣味で焙煎したコーヒー豆を誰かにあげると、美味しいとすごく喜んでくれた。

 

僕のコーヒーで喜んでもらえるんだ、だったらとお商売を考える。

でも開店当初は誰かの喜びを棚に上げて、どれだけ売ってどれだけのコーヒーを焙煎して、なんて数字のことばっかり考えてました。

 

だから、売れませんでしたね、最初の頃は。

でもなぜお商売にしてみようと思ったのか、それを思いだしたみた。
そう、最終的に僕の焙煎するコーヒーで、誰かに喜んでもらえたことが嬉しかったじゃないか、と。

 

そこからお商売への姿勢がちょっとずつ変わっていきましたね。

 

まずお客さんが喜ぶことを。
派手なことはできないけども、僕が僕なりにできることで。

 

このことを思いだし原点回帰するために、時々、なぜ開業したのかということを振り返るようにしています。

今回はある人のフェイスブックのタイムラインの言葉で、ふと思いだしました。

 

さぁさぁお客さんが喜ぶこと、もっと考えようー!

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

貪欲に

 10月のイベントならびに 様々な事がおおよそ片づいてしまい ほっとしているのだけども 急

記事を読む

大切なあなたへ

こんにちは! 焙煎アーティスト 島規之です。   今日はほんとに忙しく

記事を読む

12年目にむかって

昨日 島珈琲を開業して11周年の無事に迎えることができました ここまで決して順調な道のりではありませ

記事を読む

no image

スローなブギにしてくれ

 なぜか南佳考のこの歌がぐるぐる頭をまわっている・・・ ウォンチュー 俺の肩を~♪ さて 

記事を読む

それいけ!島珈琲カン!

先日からお伝えしている島珈琲カンの流れのお話。   島珈琲カンとは、大阪製缶さ

記事を読む

no image

「今」 を伝える

 ブログを書いて思う事は 自分の「今」を伝える ということなんだぁ と 「今」の気持ちをで

記事を読む

がんこガンコ頑固

 最近 ブログのネタを 経営者の言葉というアプリから頂いている こまったときの・・・だ と

記事を読む

no image

コツコツこつこつ

  大相撲  僕はあまり詳しくないけども 立ち飲み屋でTVのハイライトを 「名古屋場所は 

記事を読む

心を水のように

  水を手本として心を水のようにするのである。 水は方円の器にしたがい、小

記事を読む

はたらく場所

ここのところ ほんとにありがたいお話で お客様から 「こちらで働けないでしょうか?募集とかされていま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑