*

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

公開日: : coffee ,

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?

 

そうあれは去年12月のこと、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース、あのコーヒーとはそうですTANPAN COFFEE なのです!

 

まだどうなるかわかりませんが、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのツィートやSNSで盛り上がりを見せております。

 

 


状況を見守りながら、どんなことにも対応できるように心の準備をしている僕です。
緊張してます(笑)

 

ということでTANPAN COFFEEの内容がどうなるのか、だとか、はプロデュースされる短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのご意志に島珈琲は従いますので、まだ何もわかりませんが、一応、前回のコーヒー生豆である原料の調達がどんな状況であるか、商社さんに確認の電話をしました。

 

そこであったお話を今回はこのブログで。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コスタリカの豆が入手できない!

といっても TANAPAN COFFEEで使用した、コスタリカの同じ農園のものが今年は入手できない、ということです。
コスタリカのコーヒー豆が入手できない、ということではありませんからね。

 

商社さんの間に現地のブローカーさんが各農園主と繋がっていて、ブローカーさんから各農園のコーヒー豆を紹介してもらい、そしてそれを商社さんが味を見て、購入する、現地での買い付けは簡単にこんな流れなんですね。

 

ですので、もしブローカーさんと農園主さんとの間で、何か問題が起こり取引がなくなった。
となれば、商社さんも買い付けできないわけで、商社さんにもコントロール出来ない事情が、買い付けには起こります。

 

その商社さんから島珈琲はコーヒーの原料であるコーヒー生豆を購入しているので、僕にもどうしようもない、こういうことがしょっちゅう起こります。

 

そんな時はどうするか?

 

代役を探すしかない!

コーヒー豆はその国その地方によって味わいが違います。
逆に国と地方が同じだと似た様な味わいを持っています。(全てとは言えませんが)

 

そして同じ様な精製法であれば、かなり近い味わいを再現できるのですね。
ですので、出来るだけ近い代役を探してもらうか、探すしかない、ということになります。

 

島珈琲の普段のブレンドの時はどうか。
例えば、ブラジルなどは結構頻繁に、コーヒー豆の採れる地方や採れる農園が変更されています。

 

味わいもガラッと変わるときがあるのですが、そこはブレンドの全体の比率を調整しながら、5:2.5:2.5で混ぜ合わせている割合を4:3:3にするとかね、そんな感じで全体の味わいのバランスをみてブレンドの配合を最終決定します。

 

それが同じ味わいか、というとストライクゾーンには入っているけども、似て非なる味わいです。

なので、僕はブレンドはずっと同じ味わいににはならないものと考えて、近い味わいだけども同じでない、そんなスタンスで作り続けています。

 

コーヒーは農産物なので、同じ農園でもその年々により味わいが微妙に違います。
これが難しいところでもありますが、実はここが面白い所なんですね。

 

違いを楽しむ、そんな感じでブレンドは味わって欲しいなぁというのが、作る側の親心でしょうか。

 

といってもTANAPAN COFFEEに関しては島規之の持ってるモノを駆使し、もし去年と同じ様な味わいを再現するご依頼ならば、それに近づけていきますからね。
もし再販がきまれば超ストライクを目指していきますよー。

 

神のお言葉を待ちたいと思います。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップするときのお湯の細さ、太いとダメなの?

昨日は娘の幼稚園で夏祭りが開催された様子。 奥さまも準備の段階から手伝い、昨日が本番。 &n

記事を読む

ドリップをしていていつもと違う!その原因は何?

プロローグ このブログはお客さまに質問を受けたことを取り上げることが多いです。その場だとどうしても

記事を読む

ペーパーを濡らすにはどんなふうにするのがベスト?

昨日はコーヒー教室的なのが2本立てでした! 普段は無口なほうで、というとみんなにびっくりされるので

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

負けたもん勝ち

 プライドが高いのか 単なるがんこ野郎なのか 親からむずかしい子供やったといわれ 自他共に

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

焙煎のことを考えて 昨日の記事より掘り下げてみた

日曜日にカフェBeのパートさん募集を 採用促進ウェブに出したところ 数件の 面接希望があり ほっ

記事を読む

コーヒー豆がミルによって粉になる仕組みのおはなし

プロローグ 今日は島珈琲にあるコーヒーミルはどんな仕組みになっていて、どんなメカニズムで粉になるの

記事を読む

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今朝のツィートはこんなの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
違うの?一番美味しい時は焙煎したてのコーヒー豆なのか

昨日は友人たちと西宮・船坂にある古材問屋に行ってきました。 古材問屋

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

→もっと見る

PAGE TOP ↑