*

コーヒー豆はなぜ見た目で古さがわからないの?

毎月、娘に一冊 絵本か本をプレゼントしています。
本から何か興味を持ったり、本が好きになってくれたり、何かのきっかけになってくれたらいいなぁ、なんて思ってます。

 

先日、伊丹昆虫館で昆虫の本が欲しいというので、購入しプレゼントしました。
いたく気に入った様子、枕元に置いて寝ています。

 

僕の膝の上に座り、一緒に読みながらいろんなことを聞いてくる娘。
実は父ちゃんも知らんかったーということがいっぱい、勉強になりますね。

 

娘が興味を持たなかったら知らなかったこと、また違う世界を見れて楽しいなぁと思う僕です。
さて暑さ本番、いかがお過ごしでしょうか。

 

引き続き暑さにはお気を付けてお過ごしくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒー豆は見た目で古さがわからないのです

先日こんなツィートをしました、ご覧ください。

 

 


 

よーく見たら、ビンに入っているコーヒー豆の方がフレッシュさを感じますが、実際に目で見ても分かりにくいです。
ツィートの写真はどうですか?わかりにくいでしょ。
 

但しそこにも書きましたように、ニオイで一発でわかりますけどね。

 

さすがに4年間、直射日光が当たり続けていますので、コーヒーらしからぬ、かなり酸っぱいニオイが漂います。

 

コーヒーの鮮度はどうやって見分けるのか?

残念ながらわからないです。
多少の変色はありますが、それはわかりにくいものですし、カビが生えたりするでもなく、傷んだ様子が目に分からない(分かりにくい)のがコーヒー豆。

 

コーヒー豆も当然鮮度があり、空気に触れることにより酸化し、酸敗していきます。

 

ですので、嫌な酸味、口に残る嫌な苦味は、そうした焙煎してから日数が経ち、酸敗したコーヒー豆を淹れたから、というのも一因なのですね。

 

じゃあ鮮度の良いコーヒー豆はどうやって購入したら良いのか、これはもうね信用できるコーヒー屋を選ぶ事ですね。

 

まぁとりあえず島珈琲は大丈夫ですからね、あっ!売り込んでしまった(笑)

 

以上、今回は見た目に分からないコーヒー豆の鮮度のお話、でした。
鮮度の良いコーヒーで、心もフレッシュになってくださいね!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

女子がドリップコーヒーを淹れるのに大事してほしい3つのこと

プロローグ 最近、嫁さんがペーパードリップの練習を始めました。 といっても高槻店のオーダーを任せ

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

しげき

  昨日は神戸 マツモトコーヒーさんへ  イエメンセミナーに行って参りました いやぁ よか

記事を読む

コーヒー豆も、個人よりチームで力を発揮する豆がある

プロローグ 今回の記事は個人で力を発揮できるコーヒー豆もあれば、チームいわゆるブレンドですね、ブレ

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

あの芸能人は深い「愛」を持った方だった

今日は急ぎの案件があって、昨日のあの芸能人と行く東京コーヒーツアーの詳細を書きたかったのですが、改め

記事を読む

お店で粉にしてもらうのと、家でするのと、どっちが美味しく挽けるの?

プロローグ コーヒーの味わいはコーヒーチェリーの精製から輸送、焙煎、保存、ミル、抽出方法などなど、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑